【豚骨】『元祖長浜屋』極細ストレート・替え玉・バリカタ元祖の店【歴史旅】

福岡の久留米で生まれた豚骨ラーメン。昭和12年創業の南京千両を源流に、戦後スグの混乱の中で久留米屋台「三九」が偶然生み出した白く濁った豚骨スープ。以来、九州の豚骨は白濁した豚骨スープが主流となり、そして、三九の店主が小倉、佐賀、熊本へとその味を運んだ。今では博多ラーメンとも言われて愛される豚骨ラーメン、そのルーツを辿る歴史旅。

長浜ラーメンのルーツ「元祖長浜屋」

豚骨ラーメンを指して博多ラーメンと呼ぶ地域も全国にはあると思うのだけれども、地元ではそのへんが微妙に違ったりしていて、例えば福岡出身のタレントさんがいうバリカタとかいう麺の固さをどうこうする注文と言うのは、博多ラーメンかと思えば長浜ラーメンが発祥だったりするのです。

極細のストレート麺、替え玉、バリカタ、このあたりは博多ラーメンというよりも、同じ博多でも長浜という地域で生まれた長浜ラーメンの特徴なんですね。じゃあ博多ラーメンは!? という話になるのですけど、そこはもう言ったもん勝ちみたいな!? 感じです。というか、福岡で愛されているラーメンの総称とでもいったほうが良いかもしれませんね。

ただそれでも福岡市内には長浜ラーメンで看板を出している店も結構あるので、その場合は豚骨ベースに極細ストレート麺の組み合わせと思って間違いないでしょう。

そんな福岡で一大勢力となっている長浜ラーメン界にあって、その元祖と言われているのが今回訪れた元祖長浜屋、通称ガンナガです。最近は消費税の兼ね合いもあって価格が変動が激しいので、僕のブログでも値段はあまり紹介しないようにします。いつまた税金が上がるか分からないから。それでも昔から変わらぬシンプルなメニューは、時代を感じさせてくれるには十分。

で、長浜ラーメンは博多より少し西側、福岡市中央区の海沿いにある長浜が発祥のちとされてるラーメン。ここには魚市場があり、長浜ラーメンは市場で働く人たちが素早く食べられるように茹で時間を短くできる極細のストレート麺を使っているのが特徴。今のスタイルが確立されたのが1955年頃というので、昭和30年前後でしょうか。パッと麺だけ追加する替え玉も、おそらく忙しい市場関係者に合わせて生まれた”おかわり”のスタイルなのでしょう。

お昼時にはいつも満員になる店内、ピークタイムの相席は当たり前。

テーブルの上には替え玉用のラーメンたれ、紅ショウガ、ゴマ、胡椒

忙しい市場の人を相手に発展してきたというだけあって、着座するとあっという間にラーメンが出て来る。さすがに早い。けっこう脂が浮いている以外には、とても綺麗な白湯スープ。

れんげが見当たらなかったので、丼をリフトしてスープを啜ると……若干の塩気を乗せてジワーっと沁みて来る豚骨の味。臭み少なく優しい旨味が広がる感じの優しいスープ。ラーメンのスープというよりも、普通に単品で飲めるスープだね。

常連さんに言わせると、ときどき、薄かったりすることもあるそうで……まあ、それもガンナガの味ということなのだのでしょう。

他の地域ではほとんど味わう事が出来ない極細のストレート麺、この食感に魅せられた人も多いと思う。僕もその一人だけど、バリカタはちょっと苦手。僕はいつも普通で注文する。

そして肉、よく見るチャーシューとは少し違う。久留米の豚骨発祥の味を受け継ぐ南京千両でもそうだったけど、初期の豚骨ラーメンに入る肉は細かく刻まれているのかもしれない。

味は優しい味のスープとは対照的に、かなり塩気が強い。この塩気が口の中で味を切る役割をしていて、味がバカになるのを防いでくれる。いい仕事をするのだ。

豚骨ラーメンと言えば紅ショウガという人も多いだろうけど、僕は圧倒的にゴマ派。しょうがはチョット味が強すぎて、苦手だったりするのです。

1952年(昭和27年)から続く老舗の味、最近では似たような名前の店が各所にできているけれど、あくまでガンナガはこのお店。今どきの豚骨ラーメンに比べるとシンプルな味だけど、戦後の今よりも物が無かった時代から受け継がれ、愛され続けている味なので、シンプルでありがらも芯の強いしっかりとした美味しさだった。たまに無性に食べたくなったりする故郷の味なんだろうね。

店舗情報はコチラから

元祖長浜屋公式サイト

元祖長浜屋(食べログ)

※この記事に書かれている情報は過去にた僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

関連記事一覧