昭和の観光地っぽい駅を見つけた!!『JR今宿駅』福岡市西区

今回は博多から市営地下鉄経由で佐賀の唐津を繋ぐJR筑肥線の駅、福岡市西区にある今宿駅に行ってきました。

人間50年、50歳を過ぎると人生の終わりが見えて来る。そんな中で思い出すのは、子供の頃に過ごした昭和の風景。父や母に連れられて通った市場や商店街、肉屋で買ってもらったメンチカツを頬張りながらおもちゃ屋を覗いていたあの頃。

消えゆく昭和の風景を、もう一度この眼に焼き付けておきたい……そんな思いで始まるこの企画。昭和の街歩き。

JR今宿駅

なんだろうね、特別観光地と言うわけでもないのだけど、まあ、海があるから海水浴場の最寄り駅ではあるのか。福岡市の西区、住宅地の中にポツンと建つJRの駅に、いかにもな昭和建築の駅舎が建っていたので思わずコインパーキングに車を停めてしまった。

帰ってから調べて見ると、1986年(昭和61年)に改築されたという駅舎。駅が出来たのは1925年(大正14年)。

無駄にお金がかかってそうな建物、1980年代末期ってこういう建物をよく見かけたなぁと懐かしみながら拝見。

駅のエントランス、ベンチや自動販売機が設置された待合スペース。

駅事務所、券売機方向。

入場券を購入し駅の中へ。

駅から階段をあがって通路を通り、ホームに移動します。

通路から見た今宿駅。左側が駅舎、右側がホーム。

ホームの端にはスライド扉がついていて、安全面の配慮はバッチリ。

ホームの端から唐津方面をみると、真っ直ぐ線路が続いていた。

観光名所の案内があったけど、全部遠いなぁ。

端まで歩いてきました。

まあ、何の変哲もない地方の駅。周りは閑静な住宅街で、とってものどかな場所。イオンが近くにあって、買い物も便利だし海が近くて海水浴場もある。

さて、仕事に戻ろうか。

列車からぜひ降りて、懐かしさを感じる駅舎のその空間に身を置いて、歴史を、木造の美しさを肌で感じて欲しい!

関連記事一覧