アマゾンで買った曙産業の『たまご 調理 ボウル』が超絶便利すぎる件

玉子焼きを作ったり、茶わん蒸しを作ったり、取っ手と注ぎ口がついていて専用のこし器を装着できる「たまご調理ボウル」がメチャメチャ便利なんですよね。何が便利かと言うと、その汎用性。まず玉子焼きを作る時、滑らかにするため溶き卵をこすんだけど、ザルと移し替えるための器が必要になる。

けど、このたまご調理ボウルならこれひとつでオッケー、洗い物も増やさない。

ほら、こんな具合に、溶き卵を直接パンに流し込めるのです。

さらに、目盛りが900㏄まで付いてるので液体の計量に使えるし、大きさがあるのでそのまま調理できる。

僕はこうやって、ドレッシングを作るのに使いました。注ぎ口が付いているので、ボトルへの移し替えも楽々。

メーカーの写真を見ると凄く分かりやすいですよね。

これひとつで色々と出来てしまうので、めっちゃ楽。しかも後片付けが超らくちんでしょ。

こし器はコレ。

注ぎ口のところに引っ掛けるだけで装着完了、アールの部分がピタッと合うのでちゃんとこしてくれる。材質は少しソフトな感じのプラスチックで、弾力がある分だけ強度は抜群。

これいいわ、めっちゃ役に立つ。料理している時にね、この形とサイズが凄く使いやすいんですよ。ただの計量カップじゃなくて、上の口が広くなってるボウルだから。まじおススメ。

卵をかき混ぜる・こす・器に入れる作業がこれ一つで簡単

関連記事一覧