『あけぼの商店街』久留米六ツ門の昭和レトロな街歩きスポット

久留米市の中心部はだいぶ再開発が進んだみたいですけど、そんな中で残る昭和のレトロな風景。「あけぼの商店街」と、隣接する「くれいない小路」に行ってきました。

人間50年、50歳を過ぎると人生の終わりが見えて来る。そんな中で思い出すのは、子供の頃に過ごした昭和の風景。父や母に連れられて通った市場や商店街、肉屋で買ってもらったメンチカツを頬張りながらおもちゃ屋を覗いていたあの頃。

消えゆく昭和の風景を、もう一度この眼に焼き付けておきたい……そんな思いで始まるこの企画。昭和の街歩き

あけぼの商店街

久留米の中心駅、西鉄久留米駅からJR久留米駅へと続く明治通り。久留米中心部のメインストリートを歩いていると、ちょうど久留米シティプラザという建物のすぐ近くに見つけたのがこのレトロな商店街。

大通り沿いにぽかんと口をあけたアーケード、柱は木製。これは古そうだ。

一歩中にハイ居て見ると、そこはもう昭和の世界。まあ、外観だけ綺麗にしてる店もあるけどね。

そんな店でも二階部分を見て見ると、みてくださいよこの木製の窓枠。戦前から終戦直後くらいの建物によく見られる窓ですね、戦後のものでアルミになる前は鉄製が多いので。

アーケードを支えるのは木ですね。一部に補強の鉄が使われていたりもしますが、貴重な木製アーケード街です。

入口の部分はかなり天井が高く作られていて、けっこうな迫力。見応え十分。

こちらは鉄枠の窓ですね。

アーケードを真っ直ぐ端まで歩いて振り返るとこんな感じで、両サイドに昭和のまま残る店が連なります。この辺りは夜の飲食店が多いようで、平日の昼間は閉まっていました。

途中に脇へそそれる道、ちょうどT字路になってるばしょがあったのでそっちへいったのがココ。

アーケードの外から撮影すると、こんな入り口がありました。

真っ直ぐ突き抜けた先は、こんな大きなアーケードになっていて、久留米の六ツ門という場所の商店街になっています。

すぐ横には久留米シティプラザという大きな建物。この辺りは大きな商店街になっていたそうなのだけど、何度か火災に見舞われ一部はこうやって再開発されたのだとか。

それでもまだこの辺りには昭和の雰囲気が色濃く残っていて、この角にある八百屋さんもいい味出てますよね。

でもってこの青果店の横を通る道ぞいにアーケードを突き抜けると、あけぼの商店街の露地が続いていました。

なんだろね、小路を挟んで建物が割らり廊下のようなもので繋がっています。一平とかかれた看板は、この奥にあるお店で昭和8年創業と言う地元一番の老舗うどん店。

濃いめのうどん出汁に中華麺を使った「中華うどん」が有名なお店です、レビューも書いてるので、詳しくは最後にリンク貼っときます。

小路を入っていくと、これまた昭和横丁風の商店街。

この日は火曜日で、一平は定休日でした。

狭い路地が続く商店街、建物も昭和の姿そのままで残っている店が多い。

あけぼの商店街と六ツ門のアーケードの角にあるこの肉屋さんも、子供の頃におばあちゃんに連れられて買い物に行った肉屋そのまんま。昔はこんな店構えのお店が沢山ありました。なつかしいなぁ。

肉屋さんの対面はこんな路地、良い感じでしょ!?

木造の商店街はどうしても火災に弱いから、現存している場所が年々減って言ってるんだよね。久留米にも沢山あったみたいだけど、今ではもうほとんど残っていない。だからこそとっても貴重な場所で、地元の人たちのおかげで今もまだ見ることが出来る。もっと評価されても良いと思うんだけどね、こういう昭和な場所。僕が若いころにみた大正時代の街並みとかと同じくらいの価値があると思う。

くれない小路

あけぼの商店街から六ツ門の商店街へ、アーケードを西に歩いて行くと、すんごい個性的なお店を発見。ていうか、かつての繁栄のあとというか、世の無常を感じるお店。

明らかにパチンコ屋の跡、その横は商店街。ここがなんと、近隣の農産物を扱う産地直売の店になってるんだよね。凄いなコレ、こんなの始めて見た。

で、その途中にあったのがここ、くれない小路と書かれた路地。あけぼの商店街からすぐ近く。

ここも昭和だな、店は新しそうだけど建物は昭和のママ。凄く雰囲気が良い。

奥まで行って、振り返ってみた。今は消防の関係とかあるからね、こういう路地はとても貴重なのです。

一平の中華うどん

あけぼの商店街の中に、久留米のご昭和グルメとして有名な中華うどんのお店「中華うどん一平」があります。和風ラーメンとでもいえばいいのか、久留米ラーメンの麺を使ったうどんと言えばいいのか、とにかくガッツリ昆布と魚介が効いたパンチのある和風だしに豚骨ラーメンでよく使われるストレート麺を合わせたメニュー。

昭和8年に商業したという老舗のうどん店で、昭和の初期からメニューとして提供されていたという昭和レトロな味。価格もお手頃なので、今でも地元の人たちに愛されるソウルフード。

商店街を歩いたときは定休日の火曜日で閉まっていたのだけれど、空いてるときは派手に登りや看板が出るので店の場所はスグに分かります。

他では味わえないメニューなので、近くに来たらぜひ!! と、おススメしたいですね。

中華うどん一平のレビューはコチラ↓

場所です

あけぼの商店街振興組合(Googleマップ)

中華うどん一平(Googleマップ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

今回は、主に「商店街」にまつわる古くて懐かしい感じの風景をまとめました。

関連記事一覧