『厚揚げニンニク炒め』強烈なニンニク味の激安節約メニュー!!中年おっさんの貧乏飯

金がない、貧乏、もうね、けっこう貧乏暮らしはやったよ。電気が止まった事もあるし、ガスが止まった事もある。食事が袋ラーメンだけとかね、ディスカウントストアに行けば50円くらいで買えるんだもん、アレ。あと、スーパー玉出の150円の親子丼ね。夜は半額になるんだけど、今も売ってるのかなぁ。

厚揚げニンニク炒め

ということで、中年になるまでに目玉焼きくらいしか作れなかったド素人が作るおっさんの貧乏飯。スーパーに厚揚げが85円で売られていたので、厚揚げのニンニク炒めを作ってみることにした。

材料

しめじのバラバラになったやつ、アレが1袋100円だったんだよね。そのしめじ買って一袋の1/3ほどを使用。小さい厚揚げ4個入りのパックから2個、安い野菜の代名詞ともいえる玉ねぎと安物輸入ニンニクを使って炒め物を作る。

厚揚げは食べやすい大きさに切って、キッチンペーパーで水分をふき取っておく。

  • 厚揚げ 2枚(レギュラーサイズの半分くらい)
  • しめじ 33g(100g入り袋の1/3くらい)
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ニンニク 1片

調味料

合わせ調味料

  • 醤油 小さじ1
  • 酒 小さじ1
  • オイスターソース 小さじ1
  • ガラスープの素 こさじ1

その他の調味料

  • ごま油 小さじ2
  • 塩コショウ 少々

作り方

1.玉ねぎをザクザク切る。

2.合わせ調味料の調味料を容器に入れて合わせ調味料を作る。

3.合わせ調味料にニンニクをすりおろす。

4.フライパンにごま油を入れて温める。

5.フライパンにしめじ、玉ねぎ、厚揚げを入れる。

僕は玉ねぎのシャキシャキ感を残す派なのでこうしているけれど、へにゃへにゃになった柔らか玉ねぎが好きな人は、先に玉ねぎだけ入れてしんなりするまで炒めると良い。

6.玉ねぎが少ししんなりして、厚揚げに焦げ目がつき始めるまで炒める。

7.厚揚げにシッカリ焦げをつけたいなら、あまりフライパンを動かさずに箸で厚揚げを返して両面焼くほうが良い。

8.ほどよく炒めたところへおろしニンニク入りの合わせ調味料を投入。

9.しっかり調味料を絡めながら厚揚げに焼き付けて、味が足りなければ塩コショウで整える。最初は少な目に入れたほうがいいよ。

10.皿に盛りつけて完成!!

ニンニクが超効いてる!!

これがこの日のランチww

妻が朝ごはんに置いて行ってくれたホイップメロンパンと、赤いキツネのミニサイズのやつ。なかなかの組み合わせでしょ、引き籠りの長男がコレを見て胸焼けしそうとか言ってた。けどね、僕は妻が用意してくれたものは文句を言わずに美味しくいただくことにしている。それが夫婦円満のコツ。

で、肝心の厚揚げニンニク炒めだけれども、強烈なニンニクの味が全て。他の味はどこかに吹っ飛ぶくらいニンニク。僕はニンニクが好きだし、運転の仕事だから他人と会話することなど殆どない。なので気にせず食べるけど、ちょっとニンニクを控えめにしたい人は量を半分にするとか……

あるいは、スライスして先に弱火で火を通してから他の具材を入れると良い。こうやるとニンニクの味がマイルドになるし、すりおろすより臭いが残らない。

残った材料で、同じものを少し塩を強めにして晩酌の肴にと作ってあげたのだけど、妻もニンニク大好きなので「酒のつまみになる~」と言いながら喜んで食べていた。

これ、めっちゃ安いからね、材料費が。厚揚げが85円の半分で42.5円、しめじが100円の1/3で33円でしょ、玉ねぎなんて安いし、ニンニクもしかり。そのくせケッコウ食べごたえがある。節約メニューに最適だね。

このメニューを作るきっかけになったサイトはコチラ↓
野菜炒めに感涙⁉︎ プロに聞く黄金比は鶏ガラとソースで深みある味に♪

この合わせ調味料の黄金比を見て、厚揚げ炒めにしようと思ったのです。

関連記事一覧