ダイソーの100均スキレットよりも小フライパンが断然使い勝手がいい!!

ダイソーで売られている100均のスキレットが話題を呼んでいるというか、呼んでいたというか、とりあえず人気らしい。僕がダイソーに行った時には、500円の20㎝タイプと、スキレットSという使い道に困りそうな極小のスキレットが売られていて、買おうと思って20㎝のものを手に取ってみたのだけれど……

最近ちょっと料理が楽しくなってきていて、自分用に炒め用のパンを買いにダイソーへ行ったんだよね。で、どうせならお洒落っぽい流行のスキレットってのを買おうと思ったんだけど、スキレットってめちゃめちゃ重いんだよね。

しかも、ググってみると使う前の下準備(シーズニング)が凄く面倒で、使い終わる度に油を塗って錆びないように手入れが必要と言うじゃないですか。即効で僕に使いこなすのは無理だとあきらめた。

ダイソーの20㎝フライパン

ということで、実際に店まで見に行って手に取って比較した結果、スキレットではなくフライパンを買ってきました。圧倒的に使い勝手が良いのよ、フライパンの方が。

スキレットってのは炒めたり焼いたりするのに使うというよりも、あの重厚な鉄製パンの保温性であったりとか熱伝導であったりとか、そういうのを利用する器具だと思う。

ほら、フライパンなら軽いからレンジフードフックにかけられる。スキレットだったら重すぎて危ないし、毎日かけてるとフードが曲がりそうだもの。

裏側はこんなかんじでIHに対応、表面のコーティングは大理石の粉を混ぜて強度を上げたマーブルコート。これで500円。

ちなみに、マーブルコートより少し劣るテフロン加工でIH非対応の20㎝フライパンは300円だった。あ、両方税抜ね。

焼いたり炊いたり出来た

家計節約、貧乏メニューの「厚揚げニンニク炒め」を作った時の画像。一人前の炒め物にジャストサイズ!!

生胚芽押麦から炊いたガーリックライスが、とっても美味しくできました。グルテンフリー、麦飯の一人前にジャストサイズ!!

やっぱ家族と住んでいても、自分の分だけ作るのに小さなフライパンはとっても便利。僕は料理のド素人なので、ちょっと流行のスキレットとやらを買ってみようかと思ったのだけれど、やっぱパッと出してパッと使えて、収納楽々のフライパンの方が良かった。

ということで、焼いたり炒めたりするのなら、スキレットよりフライパンの方が良かったというお話しでした。

関連記事一覧