にんにくスライス(乾燥ニンニク)で簡単、短期間で作れるニンニク醤油!!漬けて1日で使える

ニンニク醤油を作ろうと思ったのだけれど、漬けこみ期間とかを考えるとケッコウ時間がかかるみたい……と思ってググっていたら、乾燥状態で売られているニンニクスライスを使うとアッというまにできちゃうよと書かれていたので、試しに作ってみたら、本当に簡単に短期間で出来ました。

とりあえず一晩漬けただけでも醤油に味が移っていて、3日寝かせれば味もまろやかになってなんにでも合うのです。

ニンニクスライスの醤油漬

漬ける容器はダイソーで買ってきたガラス瓶。耐熱じゃないけど、煮沸消毒でも割れなかった。

材料

材料は超絶シンプル、ニンニクスライスと醤油。ニンニクスライスはエスビーの製品、一袋16g入りを二袋、計32gを用意しました。

醤油は少し甘口の九州醤油を使用。

作り方

1.ニンニクスライスを付ける瓶を煮沸消毒する。ガラス瓶は内側と外側の温度差が大きくなると割れるそうなので、瓶の全部が入る大きさの鍋でやったら割れなかった。

2.瓶にニンニクスライスを入れる。

3.完全にニンニクが沈むまで醤油を入れ、蓋を閉めて冷蔵庫へ入れて寝かせれば完成。翌日、ニンニクスライスが醤油を吸って、量が減っていたから醤油を足した。

漬けこみ三日目

三日もすると、完全に醤油に漬かっていた。蓋を開けた瞬間から、けっこうなニンニク風味。

味も香りもバッチリのニンニク醤油、少し尖っているというか、エッジが効いてるけど十分に使えるニンニク醤油。

ニンニク自体も食べてみたけど、かなりしょっぱいね。薬味として使ったり、刻んでご飯に混ぜたりすると美味しそうな感じ。

漬けこみ一週間

一週間漬けてみたけど、見た目、香りは殆ど変わらず。醤油の味は、角がとれて少しまろやかになった感じ。かけ醤油にするなら、これくらい漬けた方が僕は好きだね。

せっかくなので、漬かったニンニクでご飯を食べてみた。

しょうがの漬物と同じ系統、乾燥したものを使ってるからか歯ごたえはシャキシャキしてる。しょっぱいのでご飯のオカズにはいいね。

冷ややっこの薬味として使ってみると、豆腐とニンニクの風味が相殺しあうような感じがするかもしれない。思ったほどニンニク臭くならなかったけど、ピリッとした感じがとてもよかった。

 

焼いた厚揚げに醤油漬けになった乾燥ニンニクを乗せて、そのままニンニク醤油をかけてみたらすんげぇ美味しい。ニンニク醤油は漬けて1週間目くらい。3日もたてばしっかり漬かるので、美味しく使える。

超絶簡単だからおススメ

超絶簡単お手軽にニンニク醤油が作れる。生のニンニクを使うより衛生面も、仕上がりが早さも優れているのでイイかも知んない。三日目でも醤油にニンニクの香りが十二分に移っていた。炒め物に使うと劇的に美味しくて、このニンニク醤油でスライスした玉ねぎを炒めたらステーキの付け合わせに最高だし、小松菜とキノコをこのニンニク醤油で炒めても美味しかった。

あ、あとはニンニク醤油の焼うどんも美味しかったね。

妻は酒飲みなので、醤油漬けになってるニンニクが酒の当てにとても良いと言ってポリポリやっていた。ただ塩分が多いからね、控えめにしなさいと言ったけど。チョビチョビ齧って焼酎を飲む姿は完全にオッサンだったけど……ニンニク好きにはたまらないそうだ。

僕はどうだろ、やっぱそのままより調味料として使うかな。あ、おにぎりの具にしたらいいかもね。

関連記事一覧