車内でパソコンが使えてマウスも使える車載テーブルのレビュー

僕は軽貨物運送の仕事をしているのだけれど、車内で待機することもあったりして、そんな時間を昼寝に使うのは余りにもったいない。そんな時に便利なのが車内でパソコンを置けるようにしてくれるテーブル、さらにマウスが使えれば最高だよね。

ここ最近は買い物に出かけるという事も少なくて、というのも、わざわざ貴重な時間を割いて店まで出向いても、目当ての商品が在庫としてあるかどうかも分からない。そんななら、空いた時間にポチっとスマホを数分操作するだけで購入できた方が圧倒的に効率がいいし便利なわけで、Amazonで購入した車内テーブル。

取り付けてみる

箱から出てきたテーブル一式。

テーブル本体の他に、前部シートのヘッドレスト部に引っ掛けて後部座席で使用する用のフックと、ハンドルに引っ掛けて運転席で使用するためのフックが同梱されていた。

僕の愛車は貨物車両なので、後部座席は使えなくなってる。なので運転席で使用するための大きなフックをパチッとはめ込む。

裏にあるテーブルを支える支柱をパキッとはめ込んで、テーブルの板部分を固定。

実際に装着してみたら、ちょっと頼りないけどそれなりの重量には耐えてくれそうだ。

箱の写真を見るとハンドルの上に欠けているのだけれど、僕の軽自動車だとハンドルの直径が狭いので左右に引っ掛ける横ホールドのほうが安定するみたい。

引っ掛け終わったら、横に出っ張ってるつまみでテーブルの板が水平になるように調節する。最初はちょうどいいポジションを探すのに少し手間取ったけど、一度やればだいたいの位置がわかる。

今ではもう馴れてしまって、イッパツで調節が出来るようになった。

今回購入したテーブルの最大の特徴、それはこのマウスが置ける引き出しが付いていること。Thinkpadを使う予定なので、マウス無しでも使えない事もないのだけれど、やっぱマウスの有る無しで随分と作業のしやすさが変わってしまう。

車内でもやっぱマウスは使いたいのだけれど、思った以上に余裕が無くて引き出しを完全に出すことが出来なかった。ちなみにこの引き出し、カタログというかAmazonの商品画像だと19.5cmの長さがあるそうだ。

実際にパソコンを乗せてみた

テーブルの設置が完了したので、そこへパソコンをドンとのせてみた。いわゆる薄い軽い小さいの三拍イ子そろったウルトラノート(死語か!?)ではなくて、ガッツリ堅牢な造りのミドルサイズ14inchノート。しかもバッテリーは長時間駆動用の一回り大きなものに変えていて、それなりの重量がある。

12インチや13インチのモバイルノートは確かに軽くて取り回しは楽なんだけれども、ある程度の画面サイズが無いと作業がやりにくい。やっぱ14インチが使えるとずいぶん楽になる。

引き出しは全部を出すことは出来なかったけど、小さなマウスパッドと小型マウスを使えば十分に使える。

実際にこの状態でブログを何度か更新したけども、多少グラつきはするものの予想よりも遥かに安定して仕えた。力を入れすぎるとクラクションを鳴らしてしまうんじゃないかという心配もしたんだけど、いまのところプッとか鳴ってないので大丈夫だと思う……多分……メイビー。

関連記事一覧