『生オクラのシソ巻きニンニク醤油漬』を作ってみた!!節約ズボラ飯

僕のような底辺に生きる貧困おやじではなくて、ちょっとおサれな勝ち組の男性が読むようなマガジンがあって、そこで紹介されていた大人カッコいいぃ料理みたいに紹介されていたレシピをド素人が自分で作ってみたらどうなるのだろう……っていうか、単純に美味しそうだったから作ってみたんだよね。

元ネタはコチラ→無限に飲める。オクラのシソ巻き醤油漬け/男の隠れ家

生オクラのシソ巻きニンニク醤油漬

計量入らずで火を使わずに出来る簡単料理と紹介がされていたこの料理、はたして、僕が作っても美味しくできるのだろうか。

材料

  • オクラ1袋
  • オクラの数と同じ枚数の大葉(シソ)
  • ニンニク適量
  • 生姜適量
  • 鷹の爪 少々
  • 塩 塩もみ用

作り方

1.元ネタではパッケージの網から出さずに塩をかけて揉むとあったけど、めっちゃやりにくいのでボウルに入れて塩もみを少し。

2.塩もみしたオクラを洗う。

3.1本づつ、オクラに大葉を巻く。

4.巻き終わりを下にして容器に並べる。

5.辛くなりすぎないよう醤油を水で薄めてひたひたになるまで入れ、ニンニクスライスと生姜のすりおろし、輪切りの鷹の爪をひとつまみ入れる。元ネタではニンニクもすりおろしていたが、臭いを控えめにしたければ薄切りにすべしとあった。

6.キッチンペーパーを落として容器に蓋。そのまま15分漬ければ完成らしい。

7.僕はしっかり漬けたかったので、約5時間漬けた。てか、漬けてから仕事に行ったので、こうなった。元ネタには一晩漬けても美味しいと書いてあった。

8.器に盛って完成。ニンニクは生なので、そのまま食べると辛い。

醤油と水の比率が命

僕はちょっと醤油が濃すぎたみたい、元ネタではお好みってなってたので、もう少し薄めればよかった。

普通オクラって湯通しというか下茹でするでしょ。今回は生のまま漬けてるので、こりこりの歯ごたえがすんごい良かった。ニンニクと生姜で青臭さは完全に消えていて、一口目にシソの爽やかな香りが口の中一杯に広がって、じわっと醤油の旨味が染み出してきて、最後にニンニクの風味が追いかけて来る。生姜は全体の味を綺麗にまとめて、スッキリさせつつコクを引き出してるね。

これはウマい、うまいけど、シソが剥がれてしまう事故が多発。シソ無しでも美味しかったけどね。個人的には深めに漬けた方が美味しそうなので、次は一晩でやってみよう。その時は追記する予定。

関連記事一覧