『西鉄甘木駅』西日本鉄道(西鉄)の現存する最古の駅舎!!昭和レトロな駅巡り

こういう木造の駅、あったよねぇ……。僕は阪急沿線で育ったのだけれど、子供の頃はまだまだ私鉄の木造駅舎が沢山あった時代。メンテナンスなんかは大変なんだろうけども、味のある駅が多かった印象がある。そんなレトロ駅舎を探す旅。今回見に行ってきたのは、福岡県朝倉市にある西鉄甘木駅。てかさ、甘木って甘木市じゃなくなったのね。テレビを殆ど見ないから、知らなかった。

西鉄甘木駅

西鉄甘木駅は三井電気軌道の甘木駅として大正12年に開業、その後西鉄の全身である九州鉄道に合併されて現在に至る私鉄駅。元国鉄、現甘木鉄道の甘木駅が150メートルほど離れたところにあります。

現在の駅舎が建てられたのは昭和23年(1948)と、戦後すぐのころ。現存する西鉄の駅舎の中では最古のもので、昭和の面影を色濃く残すレトロ駅として知る人ぞ知る駅なのです。

ホームは1面、線路は2本。終点駅だけれども、近くに甘木鉄道の駅があるためか規模は小さめ。

入口は二か所あって、こちらは大通りに面した入口。

中はとってもシンプル。

横に回ると、こちらにも入り口があります。昔は当たり前にあった量産型の駅舎だけど、今となってはとても貴重な戦後建築。

横から入ると、すぐ目の前に券売機。

中はそんなに広くありません。

警察が巡回するルートになっているのか、古い警ら箱がありました。これは警察官がパトロールに来たことを記録していく紙が入っていて、警察官が立ち寄った時間を記入するのが一般的。現役なのかな。

改札を抜けてホームへ。

ホーム側から駅舎を撮影、やっぱ古くて味がありますね。途中で増築もされているのでしょうか、明らかに木造駅舎の外壁とは材質の違う部分があったりします。

終点のマーク、コレを見ると何故か嬉しくなる。子どもの頃、電車の終点駅に行くのが好きだったんですよ。今でもその感覚が少し残っているようです。

ホームは1つ、線路は2本。屋根を支えているのは普通の鉄骨。レールじゃないですね、古い駅は古レールを使ってる事があるんだけど。

ホームの端から久留米方面をみると、そこに広がるのは田舎の風景。

振り返って駅舎方向、こっちが甘木市街地方向になります。

いいなぁ、こういう田舎のレトロ駅。僕が住んでいたところは、こういう駅の中に売店があったんだけどね。お出かけの時、電車の中で大人しくしていたらご褒美にグリコのキャラメルを買ってもらったんだよね。あのシンプルなオマケが凄く好きだった。

駅のまわりもレトロだった

駅の前の風景もレトロ、昭和の雰囲気そのまんま。

ビル一階、有料の駐輪場もいい雰囲気。

駅の目の前は店屋町という名前の交差点、この通りには昭和初期頃と思われる古い建物が点在していたりして、なかなかレトロな雰囲気。

甘木駅(甘木鉄道)

すぐ近くにある甘木鉄道の甘木駅。こちらは戦前に建てられた駅舎が残る旧国鉄駅、西鉄の駅と違って地域の中心となる駅なので一緒に見る事をおすすめします。

僕が訪れた時の記事はコチラ↓

甘木中心部にある昭和レトロな商店街↓

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

列車からぜひ降りて、懐かしさを感じる駅舎のその空間に身を置いて、歴史を、木造の美しさを肌で感じて欲しい!

関連記事一覧