『三角市場』福岡市の中心部に残るレトロな市場、戦後を今に伝える昭和建築

古い建物というのはどうしても火災にあったりメンテナンス面でコストがかかるために維持していくのが難しかったり、土地の利用効率が悪かったりして都市部で生き残っていくことが難しいのだけれども、福岡のまちなかに昭和二十年代に建てられた戦後の市場が現存していたので見に行ってきました。

『三角市場』この界隈では有名な戦後の生き証人。福岡市中央区の渡辺通2丁目というところにあるソレは、圧倒的な存在感で今もソコにあるのです。

これぞ昭和レトロ『三角市場』

福岡のダウンタウン「天神」から少し南に下ったところ、地下鉄と私鉄がクロスする薬院という駅があるのだけれど、その薬院駅のすぐ近くにある大きな市場。外観は”いかにも”な戦後建築、ビルに囲まれた一等地の角に建つ市場の名前は『三角市場』、1950年に建てられた戦後復興市場の生き残りなのです。

よくもまあこんな場所で生き残れたなぁと思えるような、街なかの一等地。歩いていても、車で通っても、その独特の外観に思わず目を止めてしまう。

入居しているお店は飲食店が中心になっているけども、それでも現役で今も生きている昭和の市場。

昭和大好きな僕は、思わず吸い込まれるように中へと入っていくのです。

足を踏み入れたそこは、まるで時間が止まったような空間。僕の父や母の世代が現役で見てきた風景だろうね。僕が子供の頃は、まだまだ街なかにあった風景でもある。市内の長屋の前には、コンクリート製の防火水槽なんかが普通に残っていたもんね。

もともとは1階を店舗、2階を住居として建てられた市場。入居しているのは夜をメインにした飲食店。

個性的な市場には個性的なお店が集まってくるみたいだけど、昼間はこんな感じで静かなものでした。市場と言うよりも、横丁という雰囲気。

途中に横へ抜ける出入口があり。

奥まで行くと、トイレがありました。ただし、ここは一般向けの公衆便所ではないとのこと。

奥から入って来た入り口方向を見て見ると、にぎやかな看板と提灯。それと、狭い通路の雑然とした感じ。カオスな感じが昭和っぽくて凄くいい。

天井はもちろん木造で、明り取りの窓が開いている。

そこから右方向、L字に曲がって外へと通じる通路。壁面に張り巡らされ得た配線や配管、扉も古いものだったりと圧倒的な昭和感。

脇の通りへ抜けて、そこから市場の中を撮影。外と中との時代ギャップが凄い。

脇の通りから市場の側面を見て見ると、こちら側にもお店がずらっと並んでいる。

レトロな建物を利用するだけで、店がグッとオシャレになる。古いからこそ人気のテナント物件。

かつては住居だったという二階部分も、しっかりお店として利用されている。

そのままグルッと最初に入った正面方向へ。角には老舗のうどんチェーン、因幡うどんが入居していた。

このうどん屋さんは1951年、昭和二十六年の創業。天神というここから少し離れたところで創業したチェーンだけれど、老舗といっていいんじゃなかろうか。時代感はちょうどあっていて、戦後の市場とはとても良い組み合わせ。

コシの無い柔らかいうどん、いわゆる博多うどんが食べられるお店。

しっかり出汁を吸った甘辛いお揚げ、コクのあるだし汁。今風の創作なんとかとか、エッジを効かせた個性的なこだわりとかそういうものを排除して、日本がまだ貧しかったころにじんわりと心と身体を温めてきた優しい味わいが懐かしい昭和のうどん。

これだよねぇ……特別際立っているものはないけれど、普通に美味しい。これが飽きの来ない味というか、毎日でも食べられる庶民の味。

福岡の中心部に残る古い昭和建築、よくもまあこんな街なかの中心部、それも通り沿いの角地に残ってきたものだとおもう。ぜひこのまま築100年まで残って欲しい市場だよね。

三角市場の歴史

市場の中に、三角市場の事について書かれた資料なのか記事なのかが貼られていました。

市場の起こりは、すぐ側を走る大通り「渡辺通り」の拡幅工事。近くにあった闇市が、この拡幅工事のために移転してきたのがココ、三角市場だったようです。三角市場という名前は、元の闇市が三角形の土地にあったために付けられた名前で、ここに移転してからも同じ名で呼ばれていたのだとか。

初期の商店主は外地から引き揚げてきた人や、戦火で家を無くした人たちが中心となった闇市の経営者。露店やバラックで市を開いていた人たち全部で36件を、ここに入居させたそうです。1階を店舗、二階に住居として六畳部屋。いわゆる住居兼店舗。この住居部分、六畳一間に押し入れのみというところで5人家族が暮らしたりしたそうです。

戦後復興、闇市の記憶を今に伝える貴重な建築物。今は飲食店が中心で市場というより横丁みたいになってるけど、せっかくここまで残ったのだから、これからも変わらず残り続けて欲しい昭和の風景ですね。

三角市場の場所

三角市場(Googleマップ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

今回は、主に「商店街」にまつわる古くて懐かしい感じの風景をまとめました。

関連記事一覧