「白だしと塩昆布で漬けるオクラの浅漬け」超絶シンプルで簡単なずぼらレシピ

料理のド素人が作る簡単レシピ、独り分でも無駄が出ないようにサクッと出来るずぼら系の一品。今回つくるのは、オクラを白だしと塩昆布で漬けるだけの簡単レシピ。あれこれしないので、誰でも安定した味になるはずなのだけれど……果たして出来栄えはいかに!?

白だしと塩昆布で漬けるオクラの浅漬け

僕は料理のド素人だから、とうぜんながらこのレシピにも元ネタがあって。実際に作る中でやりやすいようにアレンジしたりするんだけど、このレシピの元ネタは「材料3つで出来る♪オクラの即席漬け」という記事。材料はマジでシンプルだし、作り方も超絶簡単なので僕にピッタリのレシピなのです。

材料

  • オクラ1パック
  • 塩昆布 一つまみ
  • 白だし 大さじ2
  • 水 大さじ2

元ネタでは白だしと水は大さじ1だったのだけど、漬けるには量が少なすぎたので倍量にアレンジしています。

作り方

1.オクラに塩をふり、まな板にズリズリと板ずりをする。

2.板ずりしたオクラを水で洗い、水気をきって包丁で面取り(ヘタのエッジを削り取る)をする。

3.沸騰したお湯で、色が鮮やかになる程度にサッと茹でる。

4.茹でたオクラを水にさらす。

5.水気を切る。

6.保冷バッグなどジップ付の袋にオクラと塩こぶを入れる。

7.白だし大さじ2、水大さじ2を袋の中に入れ、そのまま漬けこむ。僕は8時間漬けた。

出汁がしっかり効いてるね

元ネタのほうでは軽くあえて10分ひたして完成だったんだけど、僕は浅漬け風に漬けこんでみた。すると、オクラの粘りが漬け汁に移っていて、いい感じで出汁がまとわりつくんだよね。塩加減もちょうど良くて、ポリポリ食べられる美味しいオクラの浅漬けになった。

少ない材料ですんげぇ簡単なレシピ、ぶっちゃけ時間も大してかからないので仕事に行く前に漬けておけば、帰ってきて美味しく食べられる。ほんと”ずぼら”できるレシピだった。

関連記事一覧