【FF14】フリートライアル(体験版)で生産しながらクラフター育成!!初歩の初歩

FF14、ファイナルファンタジー14において生産職といえばクラフター、そして、生産のために素材を集めるのがギャザラーという職業。作りたいものによってクラフターは8つの職業があって、ギャザラーには採集する材料によって3つの職業がある。まあ、ギャザラーはとりあえず園芸と採掘を育てて行けばいいのだけれど。

ギャザラーとクラフターは複数同時に育成すべし

ギャザラーとクラフターを育てる時は同時に複数職を育てろという攻略記事が多いのだけれど、なるほど、実際にやってみるとその意味が解って来た。何故かというと、FF14における生産には中間材料というギャザラーで採集した素材をクラフターで加工した、中間材料が必要になるんだけれど、その中間材料をそれぞれのクラフター職で作りながら同時にレベル上げしていくのがとても効率が良いんだよね。

よくググると出てくる最短レベリングみたいなのは、製品版で、ある程度まで戦闘職を育てている人向け。体験版の初心者でマネするのはかなり無理があるのです。

例えば、木工で杖を作るのに革細工師で加工した中間材料必要になったり、金属を使うのに甲冑師で加工した中間材料が必要になったりする。そこですべての職を同じくらいで育成していれば、中間材料を作ることでも十分な経験が得られるし、フリートライアルではマーケットというユーザー間取引が出来ない状態なので、材料を自給自足で賄う必要があったりして必要に迫られて他のクラフター職を育てなければいけなかったりする。

なのでギャザラーとクラフターで生産性活をする、いわゆるギャザクラという遊びかたを目指すのであれば、最初に園芸師と採掘師のギャザラー職。そして、全8種のクラフター職を全て同時に取得したほうが良い。まあ、調理師はいらないかもしれないけど。

装備を登録するギアのリストに保存して、それらをホットキーに割り振ればワンタッチで装備変更と同時に職業を変えることが出来る。こうやってそれぞれのクラフター職を伸ばしつつ、必要な材料をギャザラー職で採集に赴き、その行先にあるメインクエストを進行させる……ってのが、フリートライアルでは良いんじゃないかと思うのですよ。

製品版だとマーケットを利用して、資金にものを言わせてのゴリ押しが最短なのだろうけど。

生産しながらレベルを上げる

生産しながらレベルを上げる方法なのだけれど、どの職も基本はほとんど同じと思う。まあ、調理師はあまり他職のクラフトに影響を及ぼさないので放置しているけれど。

で、実際にレベルを上げる方法なのだけれど、まず、そのクラフト職の主力になる素材を量産すること。例えば裁縫師だと、採集してきた素材から糸を作って布を作り、その布と糸を作って装備を作るという流れ。

上の写真はモコ草という採集してきた素材から草糸を作っているところ。

草糸から草布を作り……

自分で生産した草糸と草布、それに他の素材を合わせて装備を作る。初めて作る装備にはボーナスが付くので、作れるものは一通り作ったほうが良い。まあ、材料集めが面倒なものはすっ飛ばしてもいいけど。これをレベルに合わせて繰り返すのが生産でレベル上げをする基本になりそうだね。

レベルが上がると、次は綿を使う。園芸師で素材を取ってきて綿糸を作り

綿糸で綿布を作る。

そして綿糸や綿布を使って装備品を制作。木工師ならギャザラーで原木を採集して木材を作り、木材から装備を作る。彫金師や甲冑師も同じように鉱石からインゴットを作り、そこから金属のプレートなどの中間材料に加工して装備品にしていく。

採集してきた材料を加工するときにもレベルが適切ならば、経験値が結構入るので大量生産しておけば楽になるし、他のクラフター職で使う中間材料もレベル体を同じくらいにそろえておけば経験値が十分入ってくる。量産するから効率よくレベルを上げて行けるのだ。

最初は何から手を付けて良いか分からなくなりそうだけど、やって見ると意外とどうにかなるもので、今日は木工を進めて明日は裁縫にしようとか、その日の軸になるクラフター職を決めてジョブクエストを進めるための制作をしていけばいいと思う。一つをずっと進めるのではなく、日替わりでやるとやりやすい。あくまで僕の場合だけれど。

メインクエストも適度に進めよう

ギャザクラで生きていくにしても、革細工師なんてクラフター職があるからわかる通り、自分で狩りに出かけなければいけない事も少なくない。スピーディーに必要な数を揃えるためにも、それなりの戦闘力は必要になるため、メインクエストを薦めながら戦闘職も少しずつ育てておく必要がある。

なんども言うけど、フリートライアルではマーケットが使えません。必要な材料は自分で集める必要があるのですから。

関連記事一覧