喫煙歴30年以上の僕が一撃で禁煙に成功したコツ…環境変化がやめ時のサイン

ネットで調べてみると、男の、漢の、いや、雄としての活力を維持していくうえで血流とホルモンというのは非常に重要な役割を果たしていて、タバコはとても有害なのだそうだ。なので少しでも男としてしも半身の活力を維持したいのならば、タバコ止めろ、マジで。

タバコがもたらす悪影響

これもまたネットで調べた情報なのだけれど、タバコによってもたらされる悪い影響は主に三つ。

ニコチン

タバコの代名詞にもなるような、代表的な成分、ニコチン。血管を収縮させて、血行障害を起こしやすくなる。ちなみに致死量は大人で40~60mg(これもネット情報)で、子供は10~20mgで子供の場合たばこ一本が致死量。そう考えると、一日に60本とか吸う時期もあったからなぁ。身体に不具合が出たところで、むべなるかな……でござる。

陰茎に血が流れ込んで硬くなるのだから、血行が悪くなるとどうなるか……考えなくとも解ろうといもの。

交感神経刺激

実は皆さんの愚息は、リラックスした状態じゃないと立ち上がれない。

リラックスしている状態、つまり副交感神経が優位でないと硬くならないらしく、タバコは緊張状態にする交感神経を刺激するのでEDの原因になってしまう事もあるのだとか。よく初めての男性が緊張して上手く立たない……という話を聞くけども、まさにこの交感神経の働きなんですな。興奮しすぎ、落ち着けって……という状態。

参考:ED診療ガイドライン(PDFです)

男性ホルモンの減少

Vol.1「50歳からのジムトレーニングで下半身が活性化された件」でも書いたけど、男の活力には男性ホルモンが欠かせない。タバコはその分泌を乱してしまうというのだ。これは一大事、スグにヤメロ。

僕がタバコをやめられた理由

で、前置きはここまでにして、僕がタバコをやめられた理由、それはズバリ!!

本気でやめたくなる切っ掛けと同時に訪れた環境の変化。そして補助してくれた器具の存在。

本気でやめようと思った切っ掛け

まずやめたくなる切っ掛けなんだけれども、これはいわゆる中折れ……というか、中折れ以前に立たないという恐怖を味わったのだ。我が家は結婚29年になるのだけれど、ここ数年、いわゆるレスという関係だった。そこで久しぶりに、妻をラブホに誘って営もうとしたのだが……ふにゃっとしたまま反応しないのだ、愚息が。

ショックだった、備え付けの有料玩具でシッカリ妻の身体は満たしてあげたのだけれど、その間ずっと手と口で刺激してもらっていたのに無反応。ほんと、重ねて言うけど本当にショックだった。妻も身体は気持ちよかったが、僕の身体が気になって気分が乗らなかったとのこと。

まさか僕が……気になったのでネットで調べて見ると「喫煙はEDの主な原因です」と書かれたサイトを発見。まだ終わるには早すぎるだろうと思った僕は、どうすれば復活できるのか、頭の中はソレだけ。

妻と営みたい、いやっ、妻だけではなく……ゲフンゲフン

とにかく、最低でもタバコはやめるべき。そう決意したのだった。

環境の変化

転職、仕事変わったの、環境の変化。

ちょうど禁煙しようと決意したほぼ同時期に、僕は転職というか、仕事を変えた。新しい職場で働き始めた初日から、最初は覚えることだらけ。教えてもらう立場だし、早く覚えなければと気を張っていたためか仕事中にタバコを吸いたくなることはほとんど無かった。

そうして何日かを過ごすうち、今吸ったら今までの苦労が水泡に帰してしまうという思が出始めて、タバコを吸おうという気持ちはなくなった。

補助してくれた器具

それでも、家に帰ってリラックスしてしまうと、特にPCなどいじっているときはどうしても吸いたくて、本当に我慢できないなんてことは当然あった。そこで助けてくれたのがVAPEというリキッドを水蒸気にして吸う器具。

プルームテックだとかなんだとか、電子のニコチンレスはいくつか試したけど全くダメだった。しかし、このVAPEは効いた。まず最初、タバコとは全く違う吸い方に戸惑った。タバコ感覚で吸うとむせて大変なことになる。ゆっくり直接肺に水蒸気を流し込んで吸うんだけれども、急いで吸うとむせる。

それでも馴れてくると胸の奥にグッとくる感じがタバコに近くて、本当に辛いときはずっと吸ってた。

あ、あと、リキッドにもよるね。甘いリキッドが多い中で、一番タバコっぽい味で吸えたのが「ダブルメンソール ゆずブレンド」という商品。もともとタバコはメンソールだったので、キツメのメンソールリキッドを使っていたんだけど、それでも甘いんだよね。甘いとどうしてもタバコっぽくなくて、甘くなくて刺激が強めのやつを探して薦められたのがコレだった。

最初の2週間ほどはキツかった、どうしようも無いときはVAPEを吸いながら耐えて。一ヶ月ほどだろうか、リキッドちょうど2本を吸い終わるころに禁煙できていた。

初めての禁煙イッパツで成功

僕がタバコを吸い始めたのは中学2年のとき、吸い始めの年齢が低いほど依存が強いという人も居たけど、それでもアッサリやめることが出来た。ほんの一時期、というか、一刻だけツラい時間があったけど、それほど苦労せずに止められたと思う。

禁煙を決意した日から2年半、一本の煙草も吸わずにやってる。禁煙だけでは立たなかったけど、筋トレと組み合わせる事でガチガチになり始めた。そろそろ妻を誘っても良い頃かもしれない。

切っ掛けとVAPEの存在は大きかったけど、禁煙が成功した一番の要因は環境の変化だったと思う。睡眠時間を省くと、一日で最も長い時間を過ごしているのは職場。ここで吸わなかったのがとても大きい。

なので暮らしの中で大きな環境変化があったなら、まさにそこが禁煙のタイミング。これから起こる予定があれば、今から心積もりをしておくべきだ。

関連記事一覧