「カップの味噌ラーメン」に入れるだけで美味しくなる簡単アレンジ!!削り節の粉末と昆布だしが最強

ひとくちにカップラーメンと言っても色んな種類があって、値段もピンキリ。いつも特売価格で売られているチープな定番商品もあれば、有名店が監修して弁当買えちゃうんじゃね!? と思えてしまうような価格の高級カップ麺まで、さまざまある日本のインスタントラーメン事情。

しかしまあ、僕のような貧乏人はなかなか数百円もするようなカップ麺には手が出ないわけで、もっぱら100円前後で買えるスーパーカップやごっつ盛りのお世話になるのだけれど、そのチープな激安カップ麺を高級カップ麺並みにグレードアップできるアレンジテクニックがあったので紹介する。

スーパーカップの「熟成味噌」が劇的に美味しくなった

さて、安くて多い、貧乏人御用達のカップラーメン。これを劇的に美味しくする方法、特に、味噌ラーメンには効果抜群なのが2つのアイテム。

粉末の昆布だしの素と、粉末になってる削り節。選ぶ際の注意点は、塩が入ってない商品を選ぶこと。なぜなら、ラーメンに使うには味を濃くする必要があるので、塩が入ってると元のスープと組み合わさってしょっぱくなってしまうのだ。

まずはスーパーカップの熟成味噌、入れる水が480mlだったのでリケン素材力だしを1本ぶちこむ。

投入量の根拠になったのはこれ、煮物の煮汁は水500mlにスティック1本とパッケージに書いてある。ラーメンに使えるほど濃いめの味にするならば、煮汁くらいの味が丁度良いだろうと思ったのだ。

続いて、粉末の削り節を大さじ1/2入れる。最初は大さじ1で入れてみたのだけど、あまりにも魚の味が強すぎたので二度目は減らしてみた。ただ、多くても不味くはない。例えば、魚介系つけめんのタレ。これでもかというくらいに削り節を入れてるところがあるけれど、ソッチ系が好きなら多めに入れるのもあり。

ただ、薄けりゃあとから追加すればいいだけなので、初めての場合は大さじ1/2で様子を見る事をおススメする。

こんな感じで昆布だしと粉末の削り節を入れたならば。

お湯を入れて蓋をして、待つこと3分。因みに、このスーパーカップ熟成味噌の付属している調味料というかスープの素は後入れの味噌ペーストのみ。

だいたい3分経過しただろうというころ合いを見て、付属の液体スープの味噌ペーストを投入。

ガシガシとかき混ぜてからスープをひと口……と、え!?

クッソうめぇ~~!!

これは合うね、ってか、合わないはずがない鉄板の組み合わせ。煮干しと鰹の風味が強烈にきいた濃厚味噌スープが出来上がってる。コクと風味と強烈な旨味、それでいながら品のある洗練された仕上がり。これがあの100円前後で山積みされているスーパーカップとは思えないほどに深くてウマい。

お湯を入れる前にほんの少し足すだけで、明らかにカップ麺としての次元が変わった。各が上がったというか、段飛びで245円のカップ麺にも匹敵するくらいが、それ以上にウマい。ネクストステージへの扉をぶち壊して突き抜けた感じ。てか、このスープは店で出せるレベルだと思う、マジで。

ごっつ盛り醤油ラーメンでも……

味噌ラーメンで旨いのはやる前から予測できたというか、十分想像できる範疇。ならば、醤油ラーメンでやるとどうなるのか。スーパーカップと双璧をなす、お買い得チープ系カップ麺「ごっつ盛り」のワンタン醤油でやってみた。

同じ分量を入れて同じように作ってみたら、まあ、普通に魚介醤油ラーメンが出来上がった。けどね、やっぱ味噌ラーメンのような感動はないね。美味しい、普通に和風醤油ラーメンになっていて美味しいんだけど、そこまでじゃない。これは好みの問題だろうね、僕はあえてやろうとは思わない。

豚骨はどうなんだよ!?

僕の中での3大ラーメンといえば、味噌・醤油・豚骨なんだよね……と書けばわかると思うけど、モチロン豚骨でもやってみましたよ。取り出したラーメンは、僕が豚骨ラーメンの中で一番好きな商品、マルタイのガンナガ協力豚骨ラーメン。

いや、カップで豚骨と言えばこれが最強でしょ!? 見てくださいよ、カタ麺90秒とか書いてあるこのこだわりを。

まあ、値段はチョット高いけど。

後入れの液体スープがコレ、どうっすかこの背脂の塊り。

でもって味のほうだけど、豚骨風味はかなり後退するね。削り節の味が圧倒的に強くて、豚骨を追い抜いてしまった感じ。ただ、それでもコクのある濃厚なスープは健在で、スープベースとしてガッチガチに底を固めている。これはアレだね、数年前から福岡で流行ってる魚介ハイブリッドタイプの豚骨スープ。

まんま魚介豚骨の有名店みたいな味がするので、これはこれでアリだと思う。普通に美味しくはあるけれど、しっかり豚の風味を味わいたければ入れないほうが良い。いつもの味に飽きたときに変化球として用いるべき奇策系のアレンジと言えるかもしれない。

時どき無性に食べたくなる……みたいな存在になるかも。あとは飲んだ後、和風テイストになるこっちのほうが良いかもね。

粉末の削り節は「けずり粉」がイイ!!

入れる粉末タイプの削り節は、断然このヤマキのけずり粉をおススメする。粉かつおあたりが一般的だけど、味の濃さが全く違う。

原材料にはイワシ煮干し、さばぶし、かつおぶしがをミックスしているので、味の深さや香り、コクが圧倒的に強烈なのだ。

そもそも、なんでカップラーメンにこんなことを使用かと思ったかと言うと、このけずり粉のパッケージに味噌汁に入れるとうま味がアップすると書いてあったことが発端なわけ。そう、この記事はこの粉から生まれたと言っても過言ではないのです。

包丁いらずで火もいらない、お財布にも優しいたった二種類の粉を足すだけのお手軽レシピ。

例えば職場に1回分をラップにくるんだりして持って行けば、どこでも簡単にアレンジできる。ピリ辛風味が欲しければ、鷹の爪なんかを足すとイイかもしんない。

日清食品のインスタント袋麺を使ったアレンジ・レシピ集。

関連記事一覧