『べら安食堂』昭和五年(1930)創業の昭和レトロな老舗大衆食堂、福岡県久留米市

またもや久留米、老舗の食堂『べら安食堂』。創業がなんと昭和五年というから、もうすく100年。僕が言った時はご夫婦二人でやっていたのだけれど、なんとか100周年まで頑張ってもらいたいところです。そういえば、久留米の老舗食堂で有名な松尾食堂は残念ながら閉店したみたい。

べら安食堂

べら安食堂があるのは久留米市小頭町、久留米市の中心部から少し南に外れたところ。もともとは市内の中心部にあったそうなのだけど、ネットの口コミなどに書かれている内容を見ると、戦火にあって移転を余儀なくされ、この地に移って来たそうです。

べら安食堂の店内

店内は見事な昭和の佇まい。昭和30年代から40年代初頭のころか、味のあるレトロな空間に歴史の重みが詰まっています。

テーブル席もありました。

べら安食堂のメニュー

戦前から続く歴史のある食堂だけに、うどんと丼がメインのメニュー。なんと!! 木の葉丼があります。大阪では当たり前にありましたけどね、木の葉丼。かまぼこの卵とじみたいな丼だけど、九州で見かけるのは珍しいかもしれない。

あと、ランチが最高値。一般にランチと言えばお昼のサービスメニューみたいな印象だけど、ここでは一番のご馳走なのです。ネットで調べてみると、洋食プレートみたいになっていた。僕は……貧乏なのでなかなか手が出ない。昼食は二日に一回に減らしてるんです、低所得なので。

べら安食堂のちゃんぽん

数あるメニューの中から僕が注文したのは、なんと「ちゃんぽん」です。福岡佐賀長崎、少なくともこの3県では食堂に必ずと言っていいほどちゃんぽんがある。しかもこのべら安食堂の名物は、このちゃんぽんと言うじゃないですか。

胡椒をきかせたちゃんぽんスープなんだけど、白濁した豚骨ベースが多い中で、べら安食堂のちゃんぽんスープは黄金色の透き通ったスープ。しかも、九州らしい甘めの和風だしがベースだね。ってか、うどんだしをベースにしたスープですよ、これ。いかにも大衆食堂らしい工夫された味です。

うどんだしに豚の背脂を入れてるのかな、動物系の旨味をプラスしたコクがあるけどスッキリしたじんわり滋味系のスープ。刺激が少なく優しい味なので、最後まで飲み干せるスープですね。

具はキャベツをメインに、もやしとネギと、かまぼこに小エビ、そして豚肉ときくらげ。キャベツの存在感があるね、もやしは控えめ。この具はかなり好きかもしんない。

だってさ、具沢山とかいってもやしをてんこ盛りする店があるでしょ。麺を食べてるんだかもやし食べてるんだかわからなくなるような店。あれ、嫌なんだよね。

その点、べら安食堂のちゃんぽんは、もやし以外の具の方が存在感がある。ちょうどいい塩梅。

もっちりとして食べごたえのあるちゃんぽん麺、長崎で食べたちゃんぽんも甘かったけど、やっぱ九州は全体的に味が甘い。けど、その甘さが全くくどくなくて、和風の滋味豊かなアッサリスープと肉のうまみが上手く調和した特徴のある個性的な味。

なるほどね、名物になるわけだ。

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

場所情報

僕が伺ったのが14時ちょうどくらいだったのだけど、入店した直後に暖簾をはずしていたのでお昼休みがあるのかもしれないです。

べら安食堂(食べログ)

べら安食堂(Googleマップ)

関連記事一覧