『後藤寺銀天街と上本町商店街』炭鉱町に残る昭和レトロなアーケード、福岡県田川市

田川と言う所に初めて行ったんだけれども、この市には中心部が二つあるんだよね。気になったので調べてみると、伊田町と後藤寺町というほぼ同規模の自治体が対等合併した結果なのだそう。で、この商店街があるのは田川後藤寺駅のすぐ近く、元後藤寺町の中心市街地というわけ。

田川後藤寺駅

駅舎は比較的新しいですね。JRの日田彦山線と後藤寺線、そして平成筑豊鉄道の駅となっているターミナル駅。駅舎の向かって右側がコインパーキングになってました。

駅前は昭和の雰囲気漂う庇下アーケードの商店街になっていて、空き店舗が目立つものの雰囲気は悪くない。

アーケードに沿って歩いて行くと、田川ごとうじ銀天街の入り口が見えてきました。

田川ごとうじ銀天街

入口はちょっと新しめに化粧直しされているけれど、かなり昭和の雰囲気が残るレトロなアーケード商店街。ちょうど田川後藤寺駅の西側から、南に向かって伸びています。

平日の昼前、11時半ごろに来たのだけれど、立派な商店街なのに人はまばら。旧秋月街道沿いに発展した商店街で、アーケードが完成したのは昭和38年(1963年)とのこと。銀天街ってのはアーケード商店街の俗称、北九州の魚町銀天街とか、何か所かあるよね。

入口すぐ右手にあるお茶屋さん、かなり古そうですよ。電話番号の最初が一桁ってのが時代を感じさせます。

日本は人口減少で衰退していくのだから、頑張る必要はないと思う。地域経済を成り立たせるためにも人がある程度集まる必要があるだろうし、そろそろ自然に帰す地域と人が住む地域の区分けをして、人の移動を促していく必要があるんじゃないのかな。

アーケードをキョロキョロとしながら歩いていると、すんげぇ魅力的な横丁の露地を発見。ただ、ここからは立ち入り禁止になってるんだよね。

少し先にある時計屋さんの脇、ヤギシタハムという看板と矢印があるのだけれど……

ここも通行止めになっていました。かつて、この奥には肉屋さんと魚屋さん、そして”たまご”とお茶の店があったようです。なにげに側面の壁に「こぼちゃん」の絵が描かれてる。

さらにお店一件先へと歩くと、再び横町への入り口がありました。

ここは立ち入り禁止になってなかったので中へと入っていきます。一歩踏み込むと、雰囲気がとってもいい感じ。僕の年代ではないけれど、父親とかが若い頃はこういう人がギリギリすれ違えるくらいの露地の飲み屋なんかを利用していたんだろうと思う。

更に奥へと進んで行くと、社交ダンス教室と酔族館というスナックの看板。

看板が指し示す階段の先には確かにお店はあったけど、既にこの階段は立ち入り禁止でした。ちなみに、階段右側の手すりがかなり古いです。

そしてメガネ屋さんの脇の通路へ。ヤギシタハムはここに合ったお店のようです。

振り返ると消火器なんかあったりして、なんだろ、商店会事務所みたいなのでもあったのかな。

そして最初に見つけた路地への入り口。看板はまだ新しそうなんだけれど、やっぱもう営業してないのかな。人が通ってる気配がない。

ただ、工具を抱えた人がこの通路を行ったり来たりしていたので、建物のメンテナンスは継続してされているみたいです。

再び後藤寺銀天街のアーケードに戻ってきました。

売り家になっているけれど、とってもビビッドなテナントですね。

旧街道筋だけに、商店街側の通りに面した間口は狭く、奥に長い長屋タイプの建物です。この商店街の中には、そうとう古い建物がケッコウな割合であるんじゃないでしょうか。そしてここからアーケードの看板が変わりました。おそらく商店街が変わったんでしょうね。

日本最大のアーケード施工業者、神村鉄工のプレート。有名なところだと大阪の天神橋筋商店街や千林商店街、千日前商店街なんかを施工した会社。いまも株式会社フジタカの傘下でアーケード作ってます。

今まで来た道を振り返ってみると、天上に立派なシャンデリアがぶら下がってます。

お店の前にかけられた幕には上本町商店街と書かれていますね。

そのまま外に出てアーケードを見ると、上本町商店街と書かれていました。ただ、プロムナードごとうじってのは後藤寺の銀天街と同じです。

途中で気づかなかったんだけれど、逆方向から歩いて行くと商店街の公衆トイレの看板を見つけました。

ちょっと脇にそれたところ、建物の一階にトイレがありました。これで安心してお買い物が出来ます。

周りにはレトロな建物が沢山ありました

この建物が凄いんですよ、二階の窓が左二つアルミサッシにしてて、右二つは観音開きの鉄製窓扉がついている明治大正から昭和初期の土蔵みたいな窓。

アーケードの隣筋にあったヤマハのバイク屋さんの昭和感が止まらない。まだ営業しているのかどうかは知らないけれど。

後藤寺銀天街から駅方向、緩く左にカーブした先に駅がある。

アーケードの向かい側は、こんな感じで飲食店がちらほらある通りが続く。

何処を見ても人が少ないのだけれども、1971年に全ての炭鉱が閉山してしまってから人口が半分以下まで減ってるんだよね。さらに全国的な人口減少が追い打ちをかけていて、東京でさえあと何年かしたら人口が減少に転じるんです。地域人口が今以上に減少しても成り立つ社会を目指して、出来るだけ近隣から中心市街地へと人を集めるコンパクトシティ化を進めないとダメだと思いますね。

後藤寺バスセンター跡

駅から後藤寺銀天街の前を通り過ぎ、その先の通りに抜けると巨大なコンクリートの塊のような建物がありました。ここは西鉄バスのターミナルとして使われていて、昭和34年(1959年)に完成、2016年に閉鎖となりました。

画像:Wikipedia

今はもうフェンスで立ち入れないように塞がれていますが、ありし日のバスセンターの姿がウィキペディアにありました。中には食堂や映画館もあったとのことで、昭和の頃は大変な賑わいだったそうです。

かなり広いですよ、奥には椅子や窓口、売店や食堂跡らしき施設。この奥から映画館へと続く入り口があったようです。

ここは事務所へ上がる階段だったのでしょうか。

僕は商店街メインで歩いているんだけれども、昭和の古い建物を探すなら周りに沢山あるので一日つぶせる場所だと思います。仕事の途中で立ち寄っただけなのであまり時間が無かったけれど、時間に余裕があればゆっくり見ていくのもいいかもしれませんね。

あ、あと、もう一つの田川の中心部、旧伊田町の中心市街地にある田川伊田駅の商店街も歩いたので次の記事でアップします。

田川ごとうじ銀天街の場所

駐車場は田川後藤寺駅の、駅前駐車場にとめました。

田川ごとうじ銀天街(Googleマップ)

田川市にあるもう一つのレトロアーケード↓

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

今回は、主に「商店街」にまつわる古くて懐かしい感じの風景をまとめました。

撮影不可能とされていた坑内労働現場を捉えた貴重な写真群。

関連記事一覧