『筑前植木駅』昭和の風景を今に残す筑豊本線のレトロな木造駅舎、福岡県直方市

やっぱ維持するのが大変なのでしょうね。昔ながらの木造駅舎がどんどんと解体され、姿を消しています。田舎ならまだ残っているだろうと思ったら大間違い、無人化が進んで駅舎があるだけマシみたいな状況になってきてる。上手く昔の面影を残しながら改築出来たら良いんだけれど。

ということで、今回訪れた筑前植木駅は、古い駅舎の姿を留めながら新しく改築されたレトロ駅なのです。

筑前植木駅

ドーンと大迫力の木造駅舎、平成元年に改築されたのだけれども、昔の姿を今に残す木造駅舎です。てか、逆光酷いね。

駅があるのは福岡県の直方市。この辺りは筑豊と呼ばれる地域で、かつては石炭の町として栄えていました。北海道に並ぶ石炭の産出地として早くから鉄道網が整備された筑豊地区、この駅の開業は明治26年(1893年)のこと。

古い駅舎の姿をほぼそのまま留めているといわれる筑前植木駅、見るからにレトロで田舎らしい駅です。

もうね、この入り口からして旅情を誘うというか、僕から上の世代にとってはノスタルジーが止まらなくなるような佇まい。田舎に求められているのは、過去に置いてきた時間を再び体感できる場所であることなのだと思う。

この駅を子供の頃から利用していたという人に言わせると、駅舎の内装は改築前とほとんど変わっていないのだとか。国鉄の駅でよく見た懐かしい木製ベンチ、僕が暮らした大阪にも沢山ありました。

改札であったりとか券売機は流石に変わっているだろうけど、それでも十分に古き良き時代の面影を残した美しい駅舎の内装です。

170円の入場券を買って、中に入ってスグのホームと駅舎の壁。この駅はホームが二面(二つ)あって、線路は2本。もう一つのホームが2線分あるのだけれど、真ん中の線路を無くしたみたいになっていて、両方のホームの片面ずつを使ってる状態。

駅ホームから見た駅舎の北面。

よく見ると瓦の端っこ、鬼瓦の部分が植木駅の「植」の文字になってるんだよね。これは屋根前部の鬼瓦がこうなってるみたいです。

反対側の南側側面、すんごい古くて歴史を感じる。明治から昭和初期、戦前の姿をそのまま留めているように見えるのだけど。

二つのホームを結ぶ連絡通路は新しくリニューアルされているようで、天井や支柱以外はとても綺麗です。

通路の窓から駅全体を見ると、周りののどかな風景には不釣り合いなほど立派な駅。この駅は大正二年から3線化され、石炭輸送を担う大動脈の駅だったそうです。

もう一つのホームからみた駅舎。

ホームの端から駅全体を見る。

ホームはかなりの長さがあるのだけれど、現在つかわれているのは半分以下になってます。

周辺は閑静な住宅街と田んぼが広がるのどかな場所だけど、かつては貨物列車も行き交うにぎやかな駅だったのでしょう。

場所情報

筑前植木駅(Googleマップへ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

列車からぜひ降りて、懐かしさを感じる駅舎のその空間に身を置いて、歴史を、木造の美しさを肌で感じて欲しい!

関連記事一覧