『久栄本店』戦前から食堂を営む老舗!!80年以上続く地元の味、福岡県直方市

福岡のローカルテレビ局の番組(ももち浜ストア)の中で、創業80年余と紹介されていた老舗のそば屋系大衆食堂。お店はそば屋なのだろうけども、テレビで紹介されていたイチオシがカレー南蛮うどんだったり、丼もの、定食、そしてチャンポンがあるので僕が勝手に食堂認定。てかさ、九州北部地域は食堂といえば自慢のちゃんぽんがあるのですよ。

久栄本店

久栄本店があるのは福岡県の直方市、直方駅のすぐ近く。さすがに創業当時の姿そのままというわけにはいかないだろうけど、それでも昭和の面影を残したレトロな店構えです。

周りは商店街から続く駅前の飲食街といった趣、夜のお店が沢山あります。戦後の経済成長期の建物が多く、戦前の建物も少しある。地方都市らしい情緒を感じる懐かしい町並み。

昔はこのショーケースに見本が入っていたのだろうけども、いまは写真で代表的なメニューを紹介していました。

久栄本店の店内

店内に入ると凄く元気で感じのいい女性スタッフが案内してくれました。老舗といってもお高くとまったところはなく、丁寧で優しい感じの接客。客席にカウンターは無く、小上がり2席の他はテーブル席。

広くて開放的な空間。二人掛けのテーブルが多いので、一人でも入りやすい。

久栄本店のメニュー

餃子を使ったメニューが消してあります。定食にはしょうが焼きもがあったり、あんかけやきそばなんてのもあるんですね。北部九州の定食屋にはチャンポンがある。

うどんとそばのメニュー、テレビではカレー南ばんが紹介されていました。親子南ばんも美味しそうだなぁ。

そば屋のカツ丼はうまいという……

で、僕が注文したのはカツ丼。チャンポンやら南ばんやら言っといて、すんごい無難なものを頼んでしまいました。てかさ、久栄本店はそばメインでしょ、そば屋のカツ丼は美味しいって言うじゃないですか。

ご飯もの食べたかったし……

見た目は奇をてらったところがなく、これぞカツ丼というシンプルな外観。味噌汁が少し薄めかな、僕はもう少しガツンと味噌が濃いのが好きかもしんない。

玉子の半熟具合が丁度良くて、豚肉は薄くて手のひらくらいの大きさのカツ。調味料の味は控えめで、グッと出汁がきいたじわっと沁みる滋味系の味付けなんだけれども、カツの衣に沁み込んでる甘辛い味が強めですんごい美味しい。これがそばつゆの味だよね、おそらく。

全体の味は控えめ、カツの衣にしっかり味を吸わせてる。優しい味付けなので、どんどん箸が進みます。

老舗の味は、特別なこだわりとか何か尖った個性みたいなものはないけれど、普通に美味しくて飽きのこない優しい味が多い気がする。あえてエッジを立てないのが長く続ける秘訣なのだろうね、角を立てると好き嫌いが別れてしまうから。子どものころから食べていた味と言うか、どこか懐かしい味。

ごちそうさまでした。

場所情報

久栄本店(食べログ)

久栄本店(Googleマップ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

関連記事一覧