『どきどきうどん』角切り肉が旨い!!北九小倉のご当地グルメ、元祖どきどきうどん本店

僕の家内は修羅の国北九州市の小倉で生まれ育ったので、ご当地グルメの「どきどきうどん」を知ってるかと聞いてみたら、あっさり知らないと言われて会話が続かなくなった。しらべてみると、元祖の店は営業してないけどケッコウな数のお店で人気メニューになってるみたいです。

元祖どきどきうどん本店

小倉の中心部から小倉南区のほうへ走っていくと、なんか、こんなお店を見つけたのです。元祖どきどきうどんというお店。気になったので調べてみると、北九州の小倉で独自に進化した少し変わった肉うどんなのだそう。ちなみに、肉増しで注文するときは「肉肉うどん」というらしい。

お昼を食べてなかったので、せっかくだから食べていくかとお店に入る。メニューを見ると、そばうどんが選べるみたい。しかも替え玉なんてあるし……うどん屋の替え玉は初めて見たかもしれない。

肉無しとかもあるのね。

「どきどきうどん」は、唐辛子と生姜のすりおろしをトッピングするのがスタンダードな食べ方。唐辛子は辛さに応じて三段階用意されていた。

ほんとは肉増しの「肉肉うどん」にしたかったのだけれども、けっこうイイお値段がしてしまうので貧困層の住人である僕にはちょっと苦しい。なので普通に、オーソドックスな肉うどんを注文。

出てきたうどんをみて思ったのが、まず出汁が黒い。そしてなんといってもこの肉、普通の肉うどんは切り落としとかの薄い肉だけど、「どきどきうどん」は頬肉の角切りですよ。この肉が柔らかくて味が染みてて、とっても食べごたえがあって、最高に美味しい。

一緒に出てきた生姜のすりおろし、そして一番辛くない唐辛子を振りかけていただきます。

スープの色がこんななので味はコッテリしているのかと思いきや、コクはあるけど切れがいい。思った以上にスッキリした味わいで、醤油の香りがとてもいい。

甘さは控えめ、コクは強め。後味がスッキリ切れるので、飲みだしたら飲み干すまで止まらなくなるレベルの美味しさ。缶に入れて自販機に欲しい、冬場はホットで美味しそうだ。

うどんはコシのない九州うどん、この柔らかいうどんがクセになるんだよね。肉も甘辛く煮込まれているのかと思ったら、甘さは控えめで肉の旨味がグッとくる。

これ、やばいね。めちゃめちゃ美味しい。すんごくバランスがよくて完成度高すぎ、肉も出汁もめっちゃ美味しい。毎日でも食べられそう。そういえば、博多でも最近みかける肉肉うどんというお店、あれがまさに小倉発祥の「どきどきうどん」らしい。博多名物って看板に書いてるけどw

元祖どきどきうどん本店の場所とか

住所・地図:福岡県北九州市小倉南区葛原5-6-40(Googleマップへ)

お店の情報はコチラ↓
>>元祖 どきどきうどん 本店(食べログ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

関連記事一覧