『到津市場』現代に残る貴重な戦前の木造市場は文化財級の昭和レトロ。北九州市小倉北区

戦前から続く歴史ある市場「到津市場」に行ってきました。この市場は貴重な木造建築の市場でその沿革ははっきりしないけれど、市場で営業中の「ミート・デリカショップにしだ」が昭和14年の創業ということなので、そのころには市場として運営しされていたのでしょう。

到津市場の外観

北九州市小倉北区の到津という場所に、一度見たら忘れられないような木造の大型市場があります。現状は損傷している建物が多く、貴重な昭和初期の建物が朽ちるに任せ、もはや打つ手を見いだせない状態になっています。

昭和の前半期に建てられた建物、長屋になっているため解体が難しい。だからこそ今もまだその姿を留めているのだろうけども、他の地域では多くが火災などで失われていしまい、これだけの規模の木造市場がそのままのこっているのは非常に珍しいというか、奇跡に近いですよね。

崩壊しかけた家屋から電線が外れてしまい、火花を散らして火災になりかけたこともあるのだとか。まだここで暮らす住人と、すでに代替わりして遠方で暮らす所有者。行政も手が出せず、放置され崩れていく家屋。

先の写真2枚は南側に立ち並ぶ長屋だったんだけれど、北にある川沿いから見た市場も随分傷んでますね。まさに少子高齢化により転がり落ちるように衰退し、落ちていく日本の現実を実感させられる光景です。

到津市場の中へ

到津市場の西側の端にある入口、ここから中へと入っていきます。

中に入った瞬間、もうそこは昭和の世界。外とのギャップが凄すぎて、感動してしまうくらいのレトロ空間。

今どきのアーケードと比べて圧倒的に少ない明り取り、狭い通路に高い木造天井。映画のセットや博物館にある再現ジオラマの中に入ったような感覚になります。普段では味わえない、まさに非日常の体験がここにありました。

ただ、営業しているお店は確認しただけで2店舗、両側にはシャッターが続きます。

入り口方向の天井部分。

明かりが見えてきたのは、昭和14年からこの地で営業しているという「ミート・デリカショップにしだ」という老舗の惣菜屋さん。けっこうお客さんがきていたので、地域で昔から愛されているお店なのでしょう。

シャッターの上に掲げられたレトロな看板が、ありし日の賑わいを今に伝えています。

そして更に奥、突き当りの明かりは八百屋さんです。

鮮魚店や肉屋、ここは調味料のお店。地域の台所を支える、食料品店が中心の市場だったことが伺えます。

シャッターの上、住居部分の木造の外壁と木枠の窓が歴史を感じさせます。三丁目の夕日という昭和30年代を舞台にした映画がありましたが、まさにその頃の風景が目の前にあります。

途中に横からの入り口がありました。

外から見た横の入り口。この上も部屋になってるっぽいけど、どの家の一部なのだろう。

時代ごとに並んでいるのか、火災報知器と消化設備がありました。

再び市場の中、まだシャッターが無かった時代の木戸を閉めたお店が渋すぎる。

看板はレトロだけれど、だいぶ傷んでいるみたいです。

西側の入り口方向をみると、けっこうな長さがありますよね。

そしてこの先、最後は八百屋さんが営業中でした。

このレンガはなんでしょう、壁の一部か煙突か!? 木造の住宅から、レトロなレンガ造りの構造物が飛び出していました。

ここが一番端の出入り口。八百屋さんが営業していたのだけれども、空き家が多くて頭を悩ませているそうです。かなり傷んでいる店も多いので、近い将来、歯抜けになっていくでしょうね。こうやって昭和の風景は、ひっそりと消えていくのでしょう。

板櫃川古戦場

到津市場のすぐ北側を板櫃川が流れているのだけれど、実はここ、古戦場だったんですね。西暦740年というから平安時代の前、奈良時代に起きた事件。大宰府に左遷された藤原広嗣が、大和朝廷に対して反乱を起こした戦いです。広嗣は、有名な藤原鎌足のひ孫にあたる人物です。

この川で反乱軍5000と政府軍6000が激突、反乱軍は渡河に失敗して敗走。逃亡した藤原広嗣は肥前で捕らえられ、処刑されました。

河を渡った先には、到津八幡神社がありました。

到津市場の場所

到津八幡宮まえの公園から、到津市場がある方向をみるとレトロな建物が沢山のこっていました。

住所・地図:福岡県北九州市小倉北区下到津4-11(Googleマップへ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

当時の貴重な報道写真とともにふりかえる、半世紀のタイムトラベル。
今回は、主に「商店街」にまつわる古くて懐かしい感じの風景をまとめました。

関連記事一覧