シーフードヌードルをピリ辛アレンジ!!乾燥ニンニクとラー油を入れて食べてみた

シーフードヌードルのアレンジシリーズ、乳製品との相性が抜群にいいので次はバターか!? と、思ったのだけれども、もっと手軽なアレンジでピリ辛にしてみたくなったので乾燥ニンニクとラー油を入れてみました。プラスバターも……は、気が向いたらやるかもしれない。もしやったら、そん時はこの記事に追加しますね。

シーフードに乾燥ニンニクとラー油

なんかね、ラー油を入れたら美味しいってのはネットのアチコチで見かけたんですよ。たださ、ラー油だけ入れるのもなんだかなぁと思ったので、家にあった乾燥ニンニクを入れてみる事にしました。

とうことで、此度のカップ麺アレンジ。材料は以下の通り。

材料

  • シーフードヌードル(他社同等品でも可)
  • ラー油 お好みの量
  • 乾燥ニンニクスライス お好みの量

作り方

1.乾燥ニンニクスライスを用意する。僕が入れたのは上の写真の量、お好みでやってください。

2.乾燥ニンニクスライスを粉々にする。

別にしなくてもいいけれど、あんまりスープに味が沁み出さないので、こうしておくと麺に絡んで味のハーモニーを楽しむ事が出来る。そのままの形で入れると、ニンニクを食べた時のインパクトは強烈だけど、完全に麺とニンニクで別れちゃう。

3.乾燥ニンニクスライスを入れて、パッケージに記載された定量の熱湯を注ぐ。お好みで少なくするとか微調整してもいい。

4.お湯を注ぎ、蓋をして3分待つ。カップ麺が出来たら、そこへラー油を注ぐ。

僕はチョビチョビいれるのが面倒なので、蓋を取ってドバっと入れました。

5.ラー油を入れたらよくかき混ぜる。

6.出来上がったら食べる。

ラー油の入れすぎ注意

イイね!! ピリ辛になってますよ。白いスープが赤く染まるくらいに入れたのでケッコウ辛かったけど、それでもラー油との相性は悪くない。砕いたニンニクも麺に絡んでくれて、麺と一緒に口の中に入って来る。ちゃんとハモってたのでこれも狙い通り。

まあ、下にニンニクが沈殿して、一気に食べるとちょっぴりニンニク臭くなったのはご愛敬。いやなら残したほうが良い。あと、ラー油の入れすぎには注意。真っ赤になるくらい入れるとむせるから、ズズって吸い込む食べ方、麺を啜るのはやめたほうが良い。

関連記事一覧