【性欲】50歳で男の下半身をとり戻した僕の筋トレメニューを公開!!【その2】

夫婦の営みを始めようとした矢先、下半身のスタンバイが不完全で失敗したあの日。以来、僕の息子は充血する感覚はあっても立ち上がることが出来ず、男としての終わりを覚悟し始めていたその時、なんと筋トレで若き日の活力を取り戻したお話し。

中高年の性欲トレーニング

ということで、ジムトレーニングで若い頃の硬さをとりもどした僕した僕がその体験を語るこのコーナー。

初回の記事↓

初回で書いたジムトレーニングについて、僕がやってる具体的な筋トレメニューをここに書いてみる。ぶっちゃけ、貧乏人の僕がプロのトレーナーから指導を受けるなんてことがあるはずもなく、自分で勝手に決めてやってる内容なのだけれども、まあ、誰かの参考になるかもしれないからね。

三回がワンセットのローテーション

時間がない、そう、時間がない、貧乏だから。

僕は貧乏人なので、ご多分に漏れず貧乏暇なし。なので一日の中で筋トレに割ける時間と言うのは限られていて、短時間で終わらせることが出来るように一日のメニューは少なめに設定している。

また、できるだけ運動は毎日するほうが良いだろうという事で、通う頻度を上げる必要もある。そうやって考えたのが、3回をワンセットにしてジムに通うという方法。

具体的には、下半身、腹と腰と背中、腕と胸と肩、この3つの部位をそれぞれひとつづつ鍛えて、そこへ毎回20分の有酸素運動をプラスしている。休みを取りたい時は、一日に二日分をこなして20分の有酸素運動を省略。

トレーニングの方法は、基本的にジムにおいてあるマシーンを使ってのマシントレーニング。素人だからね、無茶して怪我すると面倒だし、そもそも筋トレの方法を知らない。マシーンなら動きが決まっているので、とりあえず姿勢を正して機械まかせに動かしていてもどうになかるのだ。

ブログを二つ更新しながらフルタイムの仕事もやって、それでもジム通いは出来ている。なので時間というのはどうにかなるものだなぁと実感。忙しいを言い訳にしていたら、取り返しのつかない事になっていたかもしれない。

で、続いては、どんなマシーンを使っているのか、一日の運動を更に詳しく書いていくと……

下半身トレーニング

  • レッグエクステンション
  • レッグカール
  • レッグプレス
  • アダクター
  • アグダクター
  • スクワット

下半身トレーニングで使っているのは上記のマシン。上から太ももの前、太もも裏、足全体とお尻、内もも、外もも、足全体を鍛える。

これを各10から12回、4セットずつこなしていく。

腹筋、腰、背中

  • ロータリートーン
  • トータルアブドミナル
  • ロワーバック
  • ヴァーティカルトラクション
  • ロワーバック

上から腹筋両サイド、腹筋前と太もも前、腰、背中、背中下側を鍛えるマシーン。各10から12回をワンセットで4セットずつ。

腕、胸、肩

  • アームカール
  • アームエクステンション
  • チェストプレス
  • ペクトラル
  • ショルダープレス

上から上腕部、上腕の裏側、胸と上腕部、胸の外側、肩を鍛えるマシーン。これも各10から12回ワンセットで4セットずつ。

最初に5分間、高負荷状態で自転車こぎでウォーミングアップ。筋トレ後に20分間自転車こぎで脂肪の燃焼を狙う。ランニングマシンでは知ろうかと思ったのだけど、若い頃から20kgほど体重が増えていて、おまけに運動不足。膝が痛くなったので、自転車に変更。

体重が減ったら走るかもしんない。

やっぱり筋肉は偉大

筋トレを始めて2ヶ月で、ほんとうに劇的に下半身事情が変化した。一時期は刺激してもふにゃっとしていた我が愚息も、いまなら大人向けのコンテンツを見ただけで硬くなる。これは本当にありがたい、やっぱ筋肉は偉大だ。

健康のためにもやって損はないので、僕みたいに男の自信を失いかけているならば、いちどチャレンジしてみる価値はあると思う。

関連記事一覧