【豚骨】九州最古のラーメン店『南京千両』の元祖豚骨ラーメン【歴史旅】

僕が知る限りにおいて、九州に現存する最も古いラーメン店。それは、久留米にある南京千両というお店。九州における豚骨ラーメンの元祖として誕生したこのお店、創業は昭和12年。創業当初の豚骨ラーメンは今のように白濁しておらず、透き通っていたらしい。

九州豚骨のルーツ南京千両

戦後になってから南京千両にルーツを持つ三九という屋台が、豚骨を強火で煮込んで白濁スープを生み出した。当初は失敗と思われたスープだったのだけど、飲んでみたら美味しかった。以来、豚骨ラーメンに白濁したスープを使うようになったという。

そして、最初期の白濁豚骨スープを今に伝える店がここ『元祖南京千両本家』というお店。

ちなみに当時の三九は現存せず、創業者は佐賀や熊本を渡り歩きそれぞれのラーメンに影響を与えたと言われる。

南京千両の外観

元々は久留米の街中、西鉄久留米駅のある明治通り沿いにあったというお店。いまは久留米市中心部からやや南、閑静な郊外に移転している。

とんこつラーメン発祥記念碑がたつ文化街↓

創業昭和十二年、元祖豚骨ラーメンと書かれた大きなのれんをくぐって店内に入る。

ラーメンという言葉は昭和になってから生まれた言葉で、元は「支那そば」か「南京そば」と呼ばれていたらしい。ちなみに支那という言葉は英語のチャイナや、その語源となったインドが中国を呼ぶ際のシーナに漢字を当てたもの。差別語だと騒ぐ人が居るけども、全くそんな事はない。

店内は昭和チック

内装はラーメン店とは思えないような独特の雰囲気、和洋折衷というか中華と洋風が入り混じったような雰囲気。

メニュー

メニューはラーメン、炒飯、餃子からなるシンプルなもの。ラーメン一杯550円から。時間限定のランチセットは少しお得な分量が少ない。

南京千両のチャーシューメン

僕はチャーシューメンが好きなんです。というのも、ラーメン屋さんで一番安いラーメンを頼むのがなぜか申し訳なく感じるんだよね。

というのも、一時期、飲食店チェーンの店長をしていたこともあって、どうしても客単価と言うのを考えてしまうのよ。セットまでいらないし……というときに頼みやすいのがチャーシューメン。

南京千両のスープ、見た目は脂も少なくスッキリした印象。

実際に飲んでみると……ん!?

想像していた豚骨ラーメンとは全く別物、というか、久留米と言えば獣臭ガッツリ濃厚豚骨というイメージだったのだけれど、ぶっちゃけ最初の口当たりは薄いと言いたくなるくらいの薄味。そこからジワーっとうま味がほのかに染み出す優しい味わい。

グッとくるような塩気なども控えめで、身体に良さそう。いわゆる滋味系スープだね。

トッピングは1㎝角くらいにカットされたシナチク、ネギ、久留米の定番の海苔、そして、これまた珍しい細切りされたチャーシュー。

あっさり滋味系スープに塩気のあるチャーシューの相性は良い、シナチクの味も優しめ。

そして麺。

豚骨ラーメンと言えばストレート麺の印象があったけど、ここで使われているのは縮れ麺。プリッとした食感、少しヤワめの仕上がり、スープが良く絡む。チャーシューも細切りなので麺と一緒に食べやすい。

今風のラーメンと比べると圧倒的に控えめの味付けだけど、尖ったところが無いのでジワーっと沁みて来る優しい味。好みはかなり別れるね、ガツンと分かりやすい味の豚骨を求めるなら合わないと思う。

これが最初期の豚骨スープの味、いわゆる豚骨の古典。素朴な味付けに歴史を感じる一杯。

とっても貴重なラーメンでした。

店舗情報はコチラから

南京千両本家 (食べログ)

※掲載情報は僕が訪問した時のもので、訪問日と記事掲載日が異なる場合があります。情報の正確性を保証するものではありませんので、最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

関連記事一覧