【百均】ダイソーの計り『キッチンスケール』を実際に買って使ったレビュー【グッズ】

そういえば、キッチンスケールが壊れていので新しいのを買わなきゃと思い、ググって見ると「ダイソーなど100均ショップの計りはとても優秀!精度の高さも徹底検証」という記事を見て、そんなに優秀なら百均でいいやと買いに行き、実際に使ってみた感想を書く。てかさ、使ってもいないくせに優秀とか書きやがって、殺意が沸いたよ。

まじで迷惑、やめて欲しい。他の記事から切り貼りして、使ってもいないくせにおすすめするブログ記事。

百均製ダイソーで売られてい「キッチン目安計」

ダイソーのキッチンコーナーに並んでいた計り、はかりというより目安計と書いてありますね。

購入したのがコチラ、20g単位で1kgまで測れる製品。ただし、3%の誤差が生じると書いてある。

裏面の説明書き。

アップにしてみると、まず大きく書かれているのが

目安系としてご使用ください。」の文字。

検定品ではないので、取引照明には使えませんとのこと。繰り返し書かれてるのは、正確じゃないよという事だね。

耐熱温度は70℃から―20℃、熱湯などは使えないので注意。

パッケージのフィルムを剥がして出てきたのがコチラ。

計りの本体と、台の部分はケースになってる。

計りの台になるケースには計量カップのような目盛りがついていて、意外と便利かもしれない。

 

ケース裏の四角い部分に本体の上部をはめ込むようになっている。

目盛り調整のねじ、使うときはケースの重さをひいて0に合わせるのだけど……

なかなか綺麗に合わないんだコレが、てか、無理でしょ。どうやっても0ピタ出来ない。

それでも、おおざっぱに重さを測るなら使えるかな。20g単位の目盛りなので、ほんと、かなりおおざっぱになるけれど。

実際に使ってみたけれど、やっぱ20g単位というのは使いにくくて、おまけに軽くて小さいので不安定。0に合わせるのもなかなか合わないし、ちょっとしたタイミングでずれて再調整が必要になる。これがかなりイラつく。

誤差があっても大丈夫で大まかに測ればいいという場合には、それこそ1/10や1/20の値段で買える分お手軽。けれど、長く使うなら、普通のやつを買ったほうが良い。デジタルのが使いやすいよ、やっぱ。

まあ、100円の製品にしては良くできてるとは思った。

関連記事一覧