【豚骨】佐賀ラーメン『らーめんもとむら』佐賀の源流を継ぐ老舗【歴史旅】

福岡の久留米で生まれた豚骨ラーメン。昭和12年創業の南京千両を源流に、戦後スグの混乱の中で久留米屋台「三九」が偶然生み出した白く濁った豚骨スープ。以来、九州の豚骨は白濁した豚骨スープが主流となり、そして、三九の店主が小倉、佐賀、熊本へとその味を運んだ。今では博多ラーメンとも言われて愛される豚骨ラーメン、そのルーツを辿る歴史旅。

佐賀ラーメンの本流「らーめんもとむら」

佐賀鍋島にあるラーメン店。鍋島といえば佐賀藩主の名、そう、佐賀藩主鍋島氏が起こったといわれる由緒ある土地。ここに佐賀ラーメンの源流、久留米三九の味を受け継ぐ店があります。

三九のオーナーが小倉、熊本と移り住み、佐賀の松原という場所に店を出した際、そこで修行した弟子が独立して一休軒という店を出しました。一休軒は残念ながら閉店し、今は別の流れを汲む店主が同名の店を再開しています。そしてここ「らーめんもとむら」は、三九の流れを汲む一休軒の鍋島店だった店。そう、現存する唯一の三九直系の店。佐賀ラーメンの源流の味を受け継ぐ店なのです。

僕が訪れた時の店内は、昭和の面影を色濃く残す”いかにも”な佇まい。テーブルとカウンターが、コンパクトな店の中にギュッと凝縮されていました。

メニューは非常にシンプル、佐賀ラーメンの特徴というか、一部は久留米にもある玉子ラーメンが定番。

ちなみに、この料金表は僕が訪れた時のもので、今は消費税の値上げ等もあり若干値上げされています。詳しくは食べログ参照。

注文したのは、もちろん玉子ラーメン。佐賀に来て玉子無しなど食べませんよ。特製ラーメンになると、チャーシューが増量されます。

まずはスープ、見ため油は控えめ。口に含んでみると、最初に来るのは柔らかい塩味。そしてジワーッと沁みるように広がっていく旨味。

今風の豚骨ラーメンだと、もう少し豚臭かったりしょうゆベースになっていたり、もっと最初からスープの味がグッくるのですが、戦後スグくらいにオープンした店の古風な豚骨ラーメンは、このジワ~っとうま味が広がる、いわゆる滋味系の優しい味が多いんですよね。

当時は調味料などが今ほど気軽に手に入らなかったし、調理方法も限られていたのでしょう。

チャーシューはシンプルな味付、噛むとうま味がじわっと来る。

上にのった玉子は軽く潰して

麺に絡めて食べる。

まったり玉子のコクを纏ったラーメン、この最初の一口がたまらないのです。麺は細麺、長浜の極細よりはやや太目で水分も多め。ツルっとした食感のストレート。

最初の食べ始めは少し味が弱いかと思ったんだけれども、食べているうちにじわりじわりと旨味が効いてきて、最後はスープを飲み干してしまいたくなるラーメン。佐賀ラーメンは、このジワッと来るラーメンが本流ということだけど、おそらく豚骨ラーメンは本来からこういう味だったのでしょう。

戦後すぐの頃に久留米で生まれた豚骨ラーメン。その古風な味を今に伝える佐賀のお店。久留米は濃厚なコッテリスープへと舵を切ったけど、佐賀には昔の味が残っていました。

店舗情報はコチラから

らーめんもとむら(食べログ)

※この記事は2016年に別のサイトに掲載した僕の記事をリライトしたものです、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

関連記事一覧