下関『竹崎長門市場』周辺と下関のソウルフード「桃太郎」の天ぷらうどん

人間50年、50歳を過ぎると人生の終わりが見えて来る。そんな中で思い出すのは、子供の頃に過ごした昭和の風景。父や母に連れられて通った市場や商店街、肉屋で買ってもらったメンチカツを頬張りながらおもちゃ屋を覗いていたあの頃。

消えゆく昭和の風景を、もう一度この眼に焼き付けておきたい……そんな思いで始まるこの企画。昭和の街歩き。

竹崎長門市場

戦後復興期から高度経済成長へ、ちょうど昭和30年代から40年代という頃の面影を色濃く残す、山口県下関市竹崎帳にある市営竹崎住宅と長門市場を始めとする商店街。1960年ころに建てられたという建物群で、ちょうど下関駅のすぐ近く、線路の西側が今回訪れた場所。

無骨なコンクリート造のアパート、その一階部分に連なるテナント。もはや営業している店はほとんど無いけども、かつての賑わいを今に伝えるには十分な存在感。

ちょうど北から南方向を見て、左手に見える建物の1階が長門市場。営業している店舗は確認できなかった。

向かって右側にはオレンジが鮮やか、1階は長門スーパーと書かれていた。こちらはまだ数店舗、営業している店があるようだ。

長門スーパー側のアパートを線路側から見た様子。これが思った以上の迫力で、ベランダには小屋が建てられているカオス状態。昭和30年代のアパートって、こういうベランダを小屋にしているところが多いんですよ。

この辺り一帯は漁港からも近く、下関を代表する海鮮市場であったそう。

そのためか、鮮魚店で見かけるステンレス製の什器を使っている店が多い。

2階から上は住居になっていて、剥き出しの配管や鉄の扉など昭和の雰囲気がそのまま残っていた。

続いて向かって左、長門市場のある建物。市場の上、屋根の部分にはこれまた増築された小屋が建っている。今では絶対に出来ない建て方だ。

ぐるっと裏側の法に回ってみるが、営業している店は皆無。

竹崎長門市場とかかれた屋根が、唯一、この市場の名前を今に伝えている。

公衆トイレはまだまだ現役のもよう。

そして、左右に建つ市営竹崎住宅の更に奥、もう一棟建物が出てきた。これも昭和30年代初期とか、昭和20年代末期の復興住宅そのまんまの団地。1階はテナントだ。

そして更に北側奥にもう一棟。

その先は少し広い通りに出て、ここも商店街になっているのだが……人影もまばら、シャッターが開く気配もない。

そこから先に目をやると、めちゃめちゃ存在感のある建物があった。

周りの建物も古いなぁ、全部昭和ですよ。このタイル、よく見かけるでしょ。

お馴染み、鉄の分電盤。

更に隣のビルは、ブレーカー剥き出しでした。

どうですかこの迫力、見事なものですよ。

でまあグルッと周りを歩いてみて、ふと気になったのが……線路を潜って向こう側に行くとどうなるんだ!?

行ってみると、少し綺麗な商店街がありました。ちょうど下関駅から真っ直ぐ続く商店街ですね。

この辺り一帯は魚国に近く昔から市場として栄えた場所だそうで、戦後、朝鮮人が居ついてコリアンタウンになったのだとか。その後は下関随一の海鮮市場外として隆盛を極め、今は少し寂れた感じ。観光地として整備された場所から、少し離れてるんですよね。

桃太郎の天ぷらうどん

さて、街を歩けばお腹がすく。下関と言えば……グルメをググってみると、ソウルフードとして地元で愛されてるうどんがあるというじゃないですか。竹崎長門市場から車で10分ほど移動。有名な唐戸市場というか、下関水族館の近くにある下関市役所の真ん前。

これまたレトロな商店街の角にあるコチラのお店。

桃太郎というそうなんですけど、ここの天ぷらうどんが下関市民のソウルフードなのだとか。

さっそく入って注文してみると、出てきたのは一風変わった天ぷらうどん。普通の天ぷらうどんは海老天がメインだと思うのだけど……

衣を薄くして伸ばしたような天ぷら、ちょっと一口齧って見ると、しっとりとした食感。パリッとはいかなかったね。

うどんは少し細目かな、そこまで細いという事はないけれど。茹で加減はかなり柔い、ふわっとしたコシのないうどん。食感は九州のうどんっぽいね。

スープは、昆布ベースかな。鰹なんかも使ってるんだろうけど、風味はあまり感じない。それでもベースのしっかりした味で、うま味は強い。

飲んだ瞬間にグッとくるパンチは無いけど、やめられないとまらない系の優しく強い旨味が持ち味。塩気はそこそこあるね、僕みたいな50おやじは飲みすぎ注意だ。

おそらくこうするんだろうね。天ぷらをぐずぐずに崩してスープと一緒にズズッとやると、これまた油のコクがのってイイ感じ。やさしいねぇ、味が。

天ぷらに使われていた干しエビは少し固い。僕は奥歯3本が割れてしまって詰め物状態。なので、外れるのが怖くて食べられなかった。歯が悪い年寄りは注意が必要。

美味しいうどんを頂いて、ご馳走様とアーケードに出たら昭和の看板。

アーケードの外、桃太郎の前。真っ直ぐ南には下関水族館と、遊園地の観覧車が見えた。

空は青く、雲は白い。さあ、仕事に戻ろうっと。

場所とか

竹崎長門市場(4travel)

桃太郎本店(食べログ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

今回は、主に「商店街」にまつわる古くて懐かしい感じの風景をまとめました。

関連記事一覧