胚芽押麦だけを炊飯器で炊く方法というか、炊いてみた!!オートミールは高いのデス

米や小麦は血糖値を急上昇させて肥満やらなんやらの原因になるという話を聞きまして、最近流行のオートミールというやつを試してみようと思ったんだけれども、あれ、高いんだよね。なので、安くて似たような物は無いかと探したら、胚芽押麦というのがあった。

胚芽押麦は国産なのだ

ヘルシーフドとして注目を集めているオートミールだけれど、オーツ麦という穀物を乾燥させて押しつぶしたもの。食物繊維やビタミン、ミネラルを含んでいて栄養価が高く、ダイエット食としても注目を集めてるどころかすんごい話題になっている。

けど、高い!!

そこで目を付けたのが胚芽押麦、だいたいオートミールの半額くらいで買えた。

で、この胚芽押麦なんだけれども

食物繊維が豊富で、白米の約20倍もの食物繊維が含まれています。また、水溶性と不溶性をバランスよく含んでいるのも特長です。
カルシウムは白米の約4倍含んでおり、「胚芽」部分には不飽和脂肪酸やビタミンEも含まれています。

ベストアメニティ公式サイトより

しかも国産大麦を胚芽付きでつぶしたものと書かれているし、むしろこっちが良さそう。

胚芽押麦を炊飯器で炊いてみた

さて、炊いてみようと思ったものの、押麦なんて使った事が無いしどうしていいか分からない……そこでパッケージを裏返して見ると、ちゃんと炊き方が書いてありました。

麦だけで炊く場合は、麦100gにつき水270cc。

パッケージから出した胚芽押麦は、胚芽部分を真ん中にしてぺったんこにつぶされている。しかも軽い。

これを100g、キッチンスケールで測って

炊飯器の釜に270ccの水と一緒に入れ、このまま30分浸漬。

で、炊飯器の白米モード。いわゆる普通に炊いて、約50分で炊きあがり。少し炊飯器についてるけど、ふっくらとなっていて見た目は全く異常なし。

一口食べて見ると、米より大きく弾力があって、噛むたびにぷちっと麦が潰れる感触がある。これ、あれだよね、食堂でよく出て来る麦入り御飯に米と一緒に入ってる麦。

料理なんてほとんどしない僕でも、普通に炊けました。他に、鍋で炊く方法もあるらしいので、こんどやってみます。オートミールは米より圧倒的高くて、僕のような貧乏人にが主食にするのは無理があるけども、これならなんとかなるレベル。

よし、痩せるぞ!!

国内産大麦の胚芽部分を、独自の方法で自然のまま残しました。

関連記事一覧