鳥栖駅名物『かしわうどん』中央軒、明治時代の駅舎が残る佐賀のレトロ駅

九州で初めて鉄道が開通したのは、明治22年。福岡市の博多駅から、久留米市の千歳川仮停車場までの区間でした。今回訪れた鳥栖駅はその区間内にある駅で、九州で最も古い駅の一つとして知られています。そんな鳥栖駅で名物として長く地元民や鉄道ファンに愛されているのが中央軒のかしわうどん。昔ながらの素朴なおいしさは唯一無二……食べてきました。

鳥栖駅の紹介記事はコチラ↓

鳥栖駅の中央軒

鳥栖駅の中央軒、会社は駅前の通りに面してすぐ近くにあるのだけれども、駅の店が有名。明治25年から鳥栖駅で駅弁を販売している老舗、日本で初めて「かしわめし」を販売開始。以来、かしわめし弁当が名物となるけども、昭和31年(1956年)に九州初の立ち食いうどんをホームで開業。以来、鳥栖駅のかしわうどんとして多くの人に愛されている。

改札のところにある中央軒は駅に入場せず利用可能、駅構内にはそれぞれのホームに立ち食いスタンドがある。

中でも一番美味しいといわれているのが、鹿児島本線の下りが発着する6番ホームの中央軒。立ち食いそばスタイルなのでセントラルキッチンで仕込みしてるだろうし、それほど味の差があるとは思えないけど……なぜかそう言われているのです。

メニューはシンプル、ごぼう天と丸天が九州らしいね。目当てのかしわうどんは360円、とってもリーズナブル。

新しく張られた紙にレモンってのがあって、すんごい気になるけど……今日はやめておこう。

中央軒は駅弁屋さんなので、もちろん弁当も売っています。かしわめしは、大正時代から売られ始め、鳥栖中央軒の代名詞ともいえる名物弁当。

レモンはトッピングとして80円、単品でも注文できるみたいです。が、謎のレモン推し。

けどまあ、目当てはなんと言ってもかしわうどんなので、注文はもちろん!!

鳥栖駅名物「かしわうどん」

はい、鳥栖駅名物中央軒のかしわうどんです。うどん、鶏肉、ネギ。恐ろしくシンプル、潔すぎる盛り付け。まだ日本が貧しかった時代、昭和30年代らしいうどんです。

それでは早速、メインのかしわからいただききます。あ、かしわって鶏肉のことです。西日本ではけっこう言うんですけどね、僕の生まれ育った大阪でも、京都出身の父親も言ってたし、九州でも言います。

脂の少ないポロポロした感じのかしわ、出汁を取るのに良さそうなうま味の強い鶏肉。うっすら甘辛い味が付けられているけれど、鶏の旨味を邪魔しない優しい味。

うどんは柔らかいね、九州のうどんはふわふわコシのないうどんが特徴。ふわっとしてツルっとしていて、のど越しもいい。

でもって、汁がうまいねぇ。味はすんごいシンプルで余計なエッジが立っていない。優しくひろがる強い旨味がグッとくるね。今どきのうどんと比べると味付けはかなり控えめなんだけど、決して薄味というわけではなくシッカリ舌にかぶさる鶏肉の旨味とコクがある。

昭和の味、元祖の貫禄

北九州の小倉でも同じようにかしわうどんが名物として売り出されてるんだけど、アッチはかなり最近のもので、とにかく甘い、甘辛い味を目指したんだろうけど味が濃すぎてくどい。食べていて喉が渇く。

一方、元祖といっても過言ではない鳥栖駅のかしわうどんは、とっても素朴で優しくて、それでいて鶏の旨味をガッツリ感じる事ができる美味しさ。小倉のものとは似て非なるものだね。持ち帰りも売っているのだけれど、これから仕事だし、炎天下の夏だし、家内に買って行こうかと思ったのだけどやめた。傷んだらもったいないからね。

お店情報はコチラ

鳥栖駅中央軒(食べログ)

鳥栖駅(Googleマップ)

※この記事に書かれている情報は僕が訪れた時のものです、最新の情報ではなく、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報については、ご自身で確認することをおススメします。

関連記事一覧